« 目黒川桜だより19 | トップページ | 目黒川桜だより20 »

2008/04/02

今月の一本:2008/3

3月は、出だしは押さえ気味でしたが、後半にたくさんの舞台を観に行っていましたcoldsweats01
自分の仕事や生活のペースからすると多すぎる…?
今後はちょっと絞らないといけないかもしれません。
でも、5月も6月も魅力的な舞台がめじろ押し…どうしましょう〜bearing

5日  三月大歌舞伎 昼の部「女伊達」「郭文章」@歌舞伎座
19日  三月大歌舞伎 昼の部「春の寿」「一谷嫩軍記」@歌舞伎座
    スーパー歌舞伎 右近版「ヤマトタケル」@演舞場
25日  スーパー歌舞伎 段治郎版「ヤマトタケル」@演舞場
    三月大歌舞伎 夜の部 @歌舞伎座
27日  獅子虎傅阿吽堂 昼の部 @世田谷パブリックシアター
28日  能楽堂特別企画公演「特集/祈り」@国立能楽堂

といったラインナップでした。
そんな中から今月は…

「京鹿子娘道成寺」@歌舞伎座

いや。このところ私の中で急上昇中の藤十郎さん株がまたまたうなぎ上りでございます。
あの動きはどうなんでしょう。
「喜寿記念」と銘打っていなければまったくお年のことなど意識にのぼらない、若々しい美しい花子でした。
また、恋の様子を語るときの仕草表情など、これはもしかしたら若い役者さんにはまねのできない繊細で奥深い表現とみえました。
團十郎さんお押し戻しも重みがあり、双方の存在感の際立った舞台だったかと思います。

« 目黒川桜だより19 | トップページ | 目黒川桜だより20 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/12189040

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本:2008/3:

« 目黒川桜だより19 | トップページ | 目黒川桜だより20 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ