« 「おせん」 | トップページ | ヤッター! »

2008/04/23

超進化・風林火山

4月23日・夜の部を観劇。

初日に観て、なんとなく「?」だった「風林火山」。
なんと、初日に感じていたもどかしさが、かなりの確率でクリアされていて、ものすごく見やすくて、ドラマチックで、楽しめる舞台になっていた。

まず、ストーリーのたて方だが、初日ではその流れが読み取れず、未消化のままラストの宙乗りにいってしまうので、せっかくの宙乗りが「なんだかな?」だった。
でも今日観たところでは、組み立てがすごく整理されていてわかりやすくなり、結果感情移入しやすくなっていた。
さまざまなエピソードが無駄なく絡み合って紡がれていくので、いやがおうでもラストで盛り上がる!

それから、千葉さんの存在感が、初日とはこれまた格段の差で、大きくなっていた。
とにかく舞台版「風林火山」では、晴信と板垣の、血を超えた父子のような関係というのが大きな骨子となっているので、ここが弱いと各エピソード総崩れ、である。
が、千葉さんのおかげで、この部分がえらく骨太になっていたため、数々のエピソードでかなり泣けるシーンもあったし、ラストの晴信の決心に至る心の動きも、感動的になっていた。

また、他のキャストも、当初数人の方を除いては、キャラに説得力がなく、従って存在感も薄かった。
なので、生きているキャラと、まだ筋の通っていないキャラの差が目立って、バランスが悪かったが、今日観たところでは各々の均衡が取れてきて、総じてそれぞれが際立って見えてきていた。

初日の詳細までしっかり覚えているわけではないけれど、舞台の構成としては大きく変えているところはないように思う。
場面によって多少の時間配分の違いは出ているかもしれないが。
…おそらく各人が、この舞台における自分の役割を見いだしたことが、全体に深みを増した一因ではないかと思う。
そのためには「演出力」というものが相当ものをいっていると思われ、毎日の舞台のなかで、相当の試行錯誤をくりかえしたのではなかろうかと思われ。
その力量と情熱には、脱帽である。

とにかく、初日では、ラスト、「亀ちゃーん、なんで白馬に乗って飛んじゃってるのぉ〜」みたいだったのが、今日はもう、飛んでる姿がキラッキラshineでしたよ。
舞台は、観客とともに進化する、とはよくいわれてますが、まさにそれを、つぶさに見たという感じ。
もう本当に、質の高い舞台でございました。
千穐楽は27日と、あと少しですが、これは、ぜひぜひ、見なきゃソン!ですわよ奥様(って誰)
もちろんワタクシも千穐楽、もう一度拝見いたしますheart04

« 「おせん」 | トップページ | ヤッター! »

コメント

>みゅぅさん、そうですね。
やっぱりそういうところは「舞台は生もの」だと思います。
でも今回の「風林火山」の進化のほどは、尋常じゃありませんでした。
身贔屓かもしれませんが、亀治郎さん天才!って思っちゃいましたcoldsweats01えへへ。

こんにちわ。
面白いなあと思いながら読みました。
同じ舞台を何度か観ると、また面白いんだなって思いました。
もちろん初日に合わせしっかりと作ってくるんでしょうが、試行錯誤は続くんだなって思いました。
本当に生きているものなんですね。
映画は、何度見ても変わらないけれど(感じ方は変わると思いますが)、舞台って違うんですね。
舞台の魅力を教わった気がします。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/20512362

この記事へのトラックバック一覧です: 超進化・風林火山:

« 「おせん」 | トップページ | ヤッター! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ