« 四月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | ビビッときた »

2008/04/28

風林火山・千穐楽

4月27日、1時。
いよいよひと月に渡る「風林火山」の千穐楽です。
亀治郎さんの初の単館・ひと月間にわたる座長公演、しかも演出から企画からすべてを手掛けている公演の千穐楽。
…ということで、私も劇場に向かうときからウキウキ。とともになんだか万感の思いでした。

千穐楽ということもあり、客席は開演前から熱い雰囲気。開演前に行われている武士たちのお芝居にもさかんに拍手がおこっていました。私はこのたび、3回の観劇をしましたが、こんなこと初めて。お客さんのほうも「今日でさいご」という気持ちが強かったのでしょうね。
このお芝居のなかでも、トーチを持った段之さんが幕前を走り抜けていき、爆笑をさそっていました。

お芝居は…数日前に観てびっくりするほど進化していた、その体温そのまま、いややはり役者さんたちも千穐楽とあってさらに熱く、サービス心たっぷりに、魅せてくれました。
ほんとうに、(いまだから言いますが)初日に感じた物足りなさなどどこにいったのやら、それぞれの場面に無駄なものなどいっさいなく、全てが濃密に絡みあってラストシーンへと運んでくれるので、いやがおうにも盛り上がります。
ことに、板垣と晴信の親子にも似た絆の深さの裏には、実の父・信虎との確執あってこそですが、信虎の表現がさらに深みを増していたので、板垣との対比もより印象的になったし、晴信の心情も際立ちました。
ラストの亀ちゃんの宙乗りは、この日もキラキラshineでしたあー(惚れ惚れ)。

段之さんがこの日も「段之ワールド」全開!もう舞台に出てくるだけで笑ってしまうほど…普通のお芝居の中での女形というものがじつに面白く扱われていて、段之さんもめいっぱい、その特性を発揮されていたという感じ、ホントに笑わせていただきました。
もうお一人の「笑わせどころ」橋本じゅんさんもさらなる大活躍。板垣に突き倒されて盆からころげおちるシーンでは、「さいごなのでもう一回」と千葉さんにおねだりし、3回も盆の角にお尻を打ち付けていました。もちろん休憩後の客いじり(?)も大いに盛り上がりました!

期待のカーテンコール、最初は通常どおりのごあいさつをしてくれましたが、(すでにこのときから客席の拍手は「風林火山」のテーマ曲に合わせて手拍子がなりやまず、最高潮にホットな状態!)二回目は、亀ちゃん、なんと出演者すべてをひとりひとり紹介する大サービス、自分の初のこの公演を支えてくれた全てのひとに、感謝の気持ちでいっぱいだったのでしょうが、あの人数すべてに握手をし、ひとりひとり客席に紹介するなんてー!亀ちゃんらしいなあと思いました。
紹介された方も、いつもは自分ひとりに拍手をいただくことが少ない役者さんもおられたのでは、とても嬉しかったのではないでしょうか。
嘉島さんと松尾さんは、舞台の上でアイコンタクトとったと思ったら、武士の甲冑の衣装のまま則宙!身が軽いんですねー!客席、きゃあきゃあ大盛り上がり。
千葉さんが花道から登場したのですが(この日花道そばの席だった私、すぐ横を千葉ちゃんがー!)そのときのオーラったら、やっぱり「スター」でした。
カーテンコールは3回まで応えてくれて、亀ちゃんにしてはめずらしく、客席に手を振ってくれたり。舞台の上のひとたちがみんな、嬉しそうで、私たちも嬉しかったー!とともに、もうこれで「風林火山」が終わったんだという一抹の寂しさと、亀ちゃんが立派にやりおおせたという万感の思い。(ま、こういう思いって、亀ちゃんにはあまり関係なく、亀ちゃんはこれにひたることなく平常心で明日も次のことを考えるのでしょうね)
ぜひぜひこれは、近いうちに再演して欲しいです。
松竹さんに「熱烈再演希望」の投書でもしようかしら。

« 四月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | ビビッときた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/20620658

この記事へのトラックバック一覧です: 風林火山・千穐楽:

« 四月大歌舞伎・昼の部 | トップページ | ビビッときた »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ