« 四月大歌舞伎・夜の部 | トップページ | 目黒川桜だより30 »

2008/04/19

リニューアル

ここ数カ月間、仕事スペースのリニューアルを徐々にしているのだが、いよいよそれが佳境?にはいってきた。
レイアウトプランを組み立て、それに伴い棚やテーブルなんかをどうにか整え、アートのレイアウトも考え。。。
それを動かすのに骨が折れる。
プライベートゾーンにもちょっと手を加えないといけないのでそれも大変なのだ。
大きいもの、細かいもの、たくさんあるし、仕事の手は止めずにやるので、なにかが迷子になってはならない。
いちおうGW前に整えるのが目標。
…GW中は、細かいものの整理に追われそうだなあ。
でもこれがきっちり決まれば、仕事のスタンスもまたきっちり定まるというもの。
なにかを定めて行なうときに、手間を惜しんではならないよね。
いい流れに乗れますよーうに。

« 四月大歌舞伎・夜の部 | トップページ | 目黒川桜だより30 »

コメント

>Carmenさん、こんばんは。
同じ時期に同じようなことをなさっているのですね♪そういうのって、なんか楽しいですね。

お近くにお住まいなんですね。呑川の緑道も綺麗ですものね。
素敵なサイトを教えていただいてありがとうございます。私は桜のうつりかわりを追っていましたが、その方は桜花を追っているんですね。
写真も素敵ですねえ。
これから緑が美しい季節です。毎日毎日楽しみが変わっていって、そういうのもまたゴージャスですねhappy01

mami さん、またまた Carmen です。
私も同じようなことを進行中です。
こちらは仕事があるかどうかも判らない身ですが…(笑)。

目黒川の桜情報書かれてますが、実は私もご近所さん~。
一番近いのは呑川の桜、埋められちゃって川は今はありませんが…。
今年は焼き鳥とビールを買って、友達と遊歩道で花見でした♪

本当に毎年桜はどうしてこんなに心を乱すのでしょう!
桜に憑かれて、毎日北上する桜前線を追いかけられている方(「旅の途中」というブログ)もいます。
http://www.sanjin.jp/

桜が終わって、緑が美しくなって来ました。
多摩川駅から見える風景は、色んな緑のグラデーションで彩られた一枚の絵のよう、それはそれはゴージャスです♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/20369726

この記事へのトラックバック一覧です: リニューアル:

« 四月大歌舞伎・夜の部 | トップページ | 目黒川桜だより30 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ