« ゴールデンウィーク? | トップページ | 三響会の季節 »

2008/05/06

女形の夕べ…?

5月5日、トークショー「女形の夕べ」@新橋演舞場・ラウンジ東
に、行ってまいりました。
このGW、私にとって唯一のイベントでした〜笑。

ご出演なさったのは、演舞場の舞台がはねてからの、福助さん・芝雀さん・錦之助さん・染五郎さん・亀治郎さん。
なにしろ舞台がはねてからなので、開始時間も夜の9時から。ところが舞台のお疲れもなんのその、ハイテンションでみなさんお話くださって、もーう、笑いっぱなし、拍手しっぱなし、の正味1時間ほどのトークサロンでございました。
なんというか、役者さん同士の楽屋話といいますか…そんな打ち解けたリラックスした雰囲気で、たいへん楽しませていただきました♪

お話の内容は、特にテーマもなく(?)方向性もかなり自由だったので、笑いっぱなしのわたくしのお脳にはかなり残存しづらく(苦笑)覚えてるところから適当に。coldsweats01
ただーし!スミマセンが、激しく亀治郎さん寄りです(記憶のほとんどが、そこだったもので…)
→公平な内容については、いつもお世話になっているSwingingFujisanさんのところで詳細にアップされていますので、ぜひぜひそちらもごらんになってくださいまし。


スタート!
まずは司会の方の紹介で、ギリギリまで舞台に出ていた福助さんを除く4人が登場。雛壇左から芝雀さん、亀治郎さん、ひとつおいて(福助さんのお席)錦之助さん、染五郎さんの順で着席。みなさんダークスーツにノーネクタイの服装、なんとなく所在なさげ…?…と思ったら、例年このイベントのときは福助さんが猛烈に仕切る(笑)役割のようで、そのご当人不在だとどうしたらよいかわからなかった様子…(笑)。
…ちなみに芝雀さんだけはダークスーツでなく、ベージュ系の上着でした。なんでその姿だったか、後に暴露されますが…coldsweats01

まずは司会者に促され、順番に自己紹介?と今月の出演の紹介を…トップバッターの亀治郎さんは戸惑いながらもいちおう自己紹介されてましたが、マイクが染五郎さんにバトンタッチされると、染五郎さん途中で「…ていうかここにいらしてるみなさん、もうご存知ですよね?」といってそこで打ち切り。笑。

「女形の夕べ」
…とタイトルにあったのですが、それならなぜ錦之助さんが…?という疑問は誰でも浮かびますよね(笑)。錦之助さんのご出演はもちろんとっても嬉しくて大歓迎なんですが、錦之助さんはいつ女形を?
…と思っていたら、自ら「僕は女形をこれまでやったことがないんですけど」と暴露、それに続いて染五郎さん「えっ。これ、女形の夕べっていうタイトルなの?」…基本的なとこを押さえてなかったらしい。
すると錦之助さん「僕はじゃあ、女形をやることにしますよ、これから」と爆弾発言(?)、会場、大歓迎の大拍手。いつになったら見れるのかしらねえ?笑。

お祭りの東銀座
この日、東銀座は地元のお祭りがあったらしく、昼間からお神輿が出たりお囃子が鳴っていたり、とても賑やかで、勇ましい男の方がたくさん歩いていたそうです。
芝雀さんは、その様子を見物したり写真におさめたりと楽しんだご様子。
いっぽう錦之助さんは(お芝居でちょうどお祭りの扮装、入れ墨をしてたので)仲間に入ろうかと思った、とか。えっ、錦之助さんてこういうおもしろいキャラの方だったの?そんなことおっしゃる方とは思ってなかったです〜(笑)

五月演舞場の前は
なにをしてたの?というお話に。
なぜか亀治郎さんが集中的に質問を浴びるはめに(笑・いちばん年下だからかなあ?)
最近テレビの露出も多い亀治郎さん、先日放映されたドラマ「パズル」での犯人の弁護士役と、これから放映予定の「七瀬ふたたび」の刑事役をとをごっちゃにされ、「七瀬…」での刑事役はいい役だ、といっているにも関わらず「で、いつ死ぬの?」「犯人なの?」「ほんとは悪い役なんでしょ?」といじられまくり。
染五郎さんは先月、楽屋で「スッキリ!」のグッチ裕三さんの「マンマ・ミーア」のコーナー(「風林火山」の舞台裏に潜入していたんです)を見たということで、「カレー美味しそうだったよね」「でも楽屋じゅうカレーの匂いだったでしょ、日生?」とツッコミまくり。
「見てくださったんですか、ありがとうございます」という亀治郎さんに「そのテレビだけね。舞台は見てないから」(染五郎さんだって、名古屋で毎日舞台でしたからね)
亀ちゃん、やられっぱなし。笑。

偉大な仕切屋
そうこうしているうちに、仕切り役の福助さん登場。
みなさんどことなく安心した感じ、なんといっても会場の司会の方が、スタンドマイクからどんどん遠ざかっていく…!あなたはそこにいなきゃだめでしょう!(笑)という立場のはずですが、司会なんてもはや必要なしの弾丸トークに突入。
「毎年毎年、2○ゃんねるに、仕切屋福助、ってさんざん書かれちゃうんだから!コワイんだけど見ちゃうのよ〜!」とちょっとオネエ言葉(?)で最初からテンションの高い福助さん。
それでみんなはなにやってたの?とさっそく仕切りモード全開。

トークショーまでの時間つぶしは
福助さんはギリギリまで舞台に出ていたのでこのトークショーにも若干遅刻でしたが、ほかの方は…というか亀治郎さんは、午前の部だけの出演で、夜9時からのこのイベントまでなにやってたの?という話に。
「時間の潰し方、困りました!」という亀治郎さんに、福助さん「でもこのひとは本屋に行ってれば何時間でも潰せるから!」と答えを先取り。案の定「3件行きました」
「で、なにか買ったの?」「いえ、あんまりいいのがなくて」
「でもこの人、前にパルコに出てた時(「決闘!高田馬場」のときですね)下のブックセンターに入り浸って、モーツァルト全巻買ったんですよ!あれ何巻あったの?」「二十何巻…」「聴いたの?全部」「いやまだ全然…」
「だってねー、モーツァルトよ、クラシックよー!」
なにに感心してるのかと思ったら(だってお仕事は日本のクラシックなんだから…)「長いじゃない!」(そこかい!)
これはすべて、亀治郎さんと福助さんの会話です…。笑。

服装について
みなさんこの日はスーツにノーネクタイという少しだけリラックスした服装でしたが、当日の朝会った時、芝雀さんはネクタイしてダークスーツでキメキメだったとか。
「ところが、みんなの服装みて、着替えてきたんですよ、この人は!」
「だって、前にネクタイしてダークスーツ着てきたら僕、司会の人と間違えられちゃって…」と芝雀さん。だからひとりだけベージュ系なら違いが出るかなと思ったそうです。
うーん、そういわれると司会者っぽく見えないこともない…。笑。

五月の舞台裏話
まだ始まって間もない五月演舞場ですが、今月は亀治郎さんのお父様、段四郎さんも出演されていらっしゃいます。
「四谷怪談」での福助さんの出のときに、段四郎さんの「や、あの提灯は…」といってお岩をみつける台詞があるらしいのですが(今月まだ未見の私…詳細はよくわかりませんが)福助さんは確固たる思いがあって提灯は持っていないそう。共に舞台に出る方は持っているらしいのですが。「お父様に、そういっといてね」ですって(笑)
そして、亀治郎さんが染五郎さんと一緒になさっている「三社祭」では「ふたりとも楽しそうに踊ってるのよね〜いいよね〜」とやたらとちゃちゃを入れていました。

本数契約?
ここにいらしているみなさんは、今月はだいたい2〜3本のご出演だそう。ところが、染五郎さんだけは今月も来月も4本出るそうで、「私たちはみんな、ひと月いくら、で出演料をいただいてるんですけど、染五郎さんだけは本数契約なんですよ」と福助さん。
最初は「違う、違う」といっていた染五郎さんですが、しまいには根負け(?)して「齋が幼稚園に入ったんで、ものいりなんです」

口上
海外公演のことになり、福助さん、亀治郎さんにいきなり「フランス語の口上をやってよ」と無茶ぶり(笑)。亀治郎さん「いや、もう完全に忘れました」「でもちょっとくらい…」「いやもうほんとうに…」とのことで、口上をやってはいただけなかったのですが「でも、(暁星で)十二年フランス語やってて、初めて役に立ちました」
すると染五郎さん(暁星の先輩です)「僕なんていまだにいちども役に立ってないよ」
海外公演ではみなさん武勇伝(?)がたくさんあるらしく、芝雀さんは以前ドイツにいったとき(まだ壁があるころ、とおっしゃってました)みんなが一生懸命ドイツ語の本を見ながら買い物しようとしてるのに、堂々と日本語で「このハム100グラムください」といって見事に買ってきたとか。天晴れ!
でも、旅公演先でハム100グラム…食べたの?笑。

亀治郎さんいじられまくり!
暁星で、亀治郎さんの3学年上の先輩が染五郎さんということがわかり、福助さんまたまた亀治郎さんいじり(?)開始!
「どんな子供だったの?」「スポーツとかやってたの?」(ほかのみなさんは結構スポーツマンで、ラグビーやっていたり剣道やっていたり)「サッカーです」「えーっ!」(らしくない、スポーツやってなさそう、という意味らしい)
亀治郎さんそこで染五郎さんに「暁星ではサッカー、必ずやってましたよね?」と助けを求めると染五郎さんも「うんうん、必ずね、サッカーは週一回、必ず」と助け舟。
「でもそういえば、海老蔵さんと共演してたとき(一昨年の金比羅歌舞伎の頃ですかね)一緒にトータルワークやってたじゃない、そのときすごい筋肉ついてたよね」「ええ、2週間くらいやってたらすぐについちゃって」「すごいこのへん(おなかのあたり)割れてたもんね」
えーっ、腹筋割れてる亀治郎さんちょっと見てみたい…。
「でも、肩も張ってきちゃって、これじゃ女形にはまずいだろうと思って、すぐやめちゃった」とのこと。うーん、肩幅のありすぎる女形は確かにちょっといただけないか…。
あまりお酒も飲みに行かないという亀治郎さん、飲みに行くのがだーいすきな海老蔵さんからなんとか逃げようとしてるのに、何故か行動が海老蔵さんには筒抜けだったとか(笑)でも、人なつこい海老蔵さんにして、そこはなかなか誘いづらかったらしく、宿泊先の食堂に亀治郎さんがいると、スーっと入ってきてなんにもいわず、亀治郎さんのまわりをひとまわりして出ていくんだそう。なんだか、可愛い。。。
そこでまた福助さん、「(飲みに行かないなら)家に帰ってなにやってるの?」「梅原猛とかさ、読んじゃってるの?」「仏像でも彫ってるの?」←やってそうだから面白い…。
「それで、いつ出家するの?」…あぁもうホントに面白すぎる…。亀治郎さんに出家のイメージ、合い過ぎる…。おなか抱えて笑っちゃいました。
クールな亀ちゃんも、さすがに福助さんの口撃にはたじたじでした。smile

疲れてる…?
あまりの福助さんの口撃に、質問にすぐ答えられなかったり、しばらくボーっとしてたりの亀ちゃん、福助さんに「疲れてるの?」「なんか、つまらない?」「それは新しいキャラなの?」とこれまたいじられまくり。
「いやいや、そんなことは…」といいつつも「疲れてる」とか「目がよく見えない」とかしまいには「さいきん年とっちゃって…」などと、ボケまくりの亀ちゃん(半分は本気かも…?)
「いまいくつ?」にもすぐに答えられず、(このときは客席から思わず年齢を教える声が密かに飛んでましたよ)やっと「ことし33になります」と答えると「じゃ、厄年じゃない!」(これにも客席から「それは女!女!」と)「いいのよ、女形なんだから!」と一蹴されましたが。

…とまあ、こんなふうに亀治郎さんをいじって、福助さん「孝ちゃん(亀治郎さんの本名、孝彦さんです)って、ほんと、いじると面白いわあ」と楽しそうでした。
唯一結婚していない亀ちゃんに、みんなで「一度はするといいよー」とふっかけてました。一度は…って。。。(笑)亀ちゃんはお金がかかるから結婚は面倒くさいといってましたけど。
本日のメンバーではいちばん年下だったためか、本当にいじられまくり、私たちにはそんな亀治郎さんを見るのはとてもめずらしいことなので、おいしかったですが(笑)。

団十郎さん伝説
も、福助さんが暴露。
舞台にのっての話ですが、相手役(福助さん)の名「小糸」を「小磯」としばらくいい間違えていて、しばらくたって舞台の上でそれに気付いた団十郎さん、舞台の上で「間違った、小磯じゃなくて小糸だ!」とつぶやいたとか。これには福助さんも相当(ご本人いわく三本の指に入るくらい)冷や汗ものだったそう。
もうひとつ、いつもは自家用車で歌舞伎座に来られる団十郎さんですが、あるときタクシーでいらした。で、到着して「どうもありがとう」とタクシーの運転手さんに丁寧にお礼をいい颯爽と楽屋入り。暫くして、タクシーの運転手さんが楽屋口に「あのー、まだタクシー代が…」といいにこられたとか。
おおどかな団十郎さんらしいエピソードで、微笑ましいですよね。

今月の演舞場
なにやかやと盛り上がっているうちに、そろそろお開きの時間とあって、それぞれに今月の演舞場にぜひとも、一度ならずとも二度三度といらしてくださいと、来月も亀治郎さん以外はみんな歌舞伎座に出るのでよろしくと、ご挨拶。
その亀治郎さんの来月は、テレビなの?とまた矛先が…(笑)
最初から最後までわきあいあい、本当に笑いまくったトークショーでした。
一時間ほどの短いものでしたが、みなさん、舞台でお疲れのところ、そんな雰囲気は微塵も見せず、サービス精神たっぷりにお話くださって、楽しいひとときを過ごせました。
こういった、フリートークの趣向も、なかなか楽しいものですね。ありがとうございました。

じつは…帰りがけ、ちょうど楽屋口から出てきた亀治郎さんに遭遇!も〜う、嬉しくて嬉しくて、ポワーッとしながらお見送りさせていただきましたheart

« ゴールデンウィーク? | トップページ | 三響会の季節 »

コメント

>みゅぅさん、コメント返しが遅くなってすみません。
「パズル」見ましたかーhappy01なんか、犯人は最初からわかっちゃいましたけど、亀ちゃんの現代劇は面白かったですheart04
これからもたくさん映画やドラマに出演されるので、機会があったらぜひ見てくださいー!

>涼子さん、はじめまして。コメントありがとうございます。
あらら、そうでしたか、なんせ記憶があっちにいったりこっちにいったりしているのでcoldsweats01失礼しました。
染五郎さん、一生懸命仕切ってましたよね。
亀ちゃんと染五郎さん、学校も先輩後輩の仲ですし、いろいろなところでも共演しているし年も近いし、いつも仲いいですよね♪こちらもそんな様子を見ると思わず微笑んでしまいます。

面白いのが伝わってきました。
亀様、「パズル」出てましたね。
観ました!
大活躍ですね。

でも、みなさん、面白い方ばかりなんですね。
こういう「素」が垣間見れることはファンにとって、とっても嬉しいことですよね。

はじめまして~。「女形の夕べ」レポを探してて辿り着きました。楽しかったですね。色んな役者の贔屓が集まるのも珍しいのでは?

ところでトークショーまでの時間つぶしはのトークのとこは福助さんじゃなく染五郎さんがなんとか頑張って仕切っていた時の会話ですよ~。亀ちゃんと染五郎さん、仲良さそうでしたね。

>SwingingFjisanさん、ほんと笑いっぱなしでしたね♪おかげで、ただでさえない記憶力がさらに…downSwingingFjisanさんの記憶力には脱帽です!
おかげさまで楽しく読ませていただきました♪

次回も積極参加いたしましょうね♪
こちらのほうもリンク、ありがとうございました。

ホント、よく笑いましたねhappy01 こんなに面白いイベントとは思いませんでした。楽しい休日の夜が過ごせたのはmamiさんのおかげと、有難く思っております。次回は積極的に参加するつもりですsmile

リンクしていただき、ありがとうございます。私もmamiさんの記事をリンクさせていただきました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/20807352

この記事へのトラックバック一覧です: 女形の夕べ…?:

« ゴールデンウィーク? | トップページ | 三響会の季節 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ