« ランチッチ♪ | トップページ | ありがとう »

2008/05/20

五月大歌舞伎・夜の部

@演舞場

に行って来ました。
夜の部は「四谷怪談」通し上演。お岩さんを福助さん、伊右衛門を吉右衛門さん。
とても楽しみにしていたので、なんとか時間のやりくりをして行ったのですが、ここのところの睡眠不足が祟って、序幕の一時間はほとんど爆睡状態coldsweats02でもそのおかげで(?)30分休憩のあとからはなんとか意識を保って観ることができました。
何度か観ている演目ですが、福助さんも吉右衛門さんも、新鮮!
それにしても、お岩さんってとても可愛そうなんだけど、福助さんがやると「泣けるところで笑っちゃう」傾向があるのは何故?今日もけっこう客席から笑いが起きていました。なんか、サービス精神なのかもしれませんが、ちょっとした台詞のあしらいとかが笑えちゃうんですよね。。。そこがまた「福助節」なんですが。
吉右衛門さんはずいぶん立派な伊右衛門でした。ほら、伊右衛門てなんとなくちょっと頼りない色悪、みたいなイメージあるじゃないですか?それからすると堂にいってる感じで、ラストのお岩さんの幽霊に揺さぶられるシーンでは、恐ろしがるというよりも「悪」のイメージのほうが強かったかな。
…いろいろなお岩さんと伊右衛門さんがいます。だから観るたび楽しみなのです。
今回は、大人の「四谷怪談」という風情でした。

ところで、今日は20日でしたので、筋書きにもう舞台写真が入ってるかなーと思ったら、明日から入るそうで。がっかりー。
千穐楽に行きますので、そのときまで筋書きはお預けとなりました。

そうそう、夏に行われる「亀治郎の会」の予告チラシが、もう出てました!(後援会のカウンターにね)
「演目考え中!」とかいうプレ・プレ・チラシです。

200805202314000
どんな「亀治郎の会」になるのか?楽しみですhappy01heart04

« ランチッチ♪ | トップページ | ありがとう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/21061634

この記事へのトラックバック一覧です: 五月大歌舞伎・夜の部:

« ランチッチ♪ | トップページ | ありがとう »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ