« 五月團菊大歌舞伎・昼の部 | トップページ | チケット熱、下がる? »

2008/05/09

携帯を

換えました。
なんだかだんだんと、弱々しくなっちゃって、いつこと切れるか心配しながら使ってたので…。
3年半以上使ってたので、換えたら換えたで機能がグレードアップしすぎちゃっててよくわかりません。
浦島太郎な気持ちです。。。

使ってるときは気がきじゃなかったけど、いざ換えたら前の子が愛しい〜(笑)
新しい子は、ま、徐々になじんでくるかなー。

とりあえず、前の子には、ありがとうございました〜shine

« 五月團菊大歌舞伎・昼の部 | トップページ | チケット熱、下がる? »

コメント

>みゅぅさん、はい、私一度買うとあまり換えません。今回も、ドコモは3年以上使ってると、無料で電池をくれるんですよ。液晶画面が弱々しくなっちゃうと修理に出したりしてました。
でもいよいよ…という感じだったので今回は新しくいたしました。
使い終わった携帯の処分エネルギーも、環境にとても影響があるらしいので、あんまり頻繁には変えたくないところです。

こんにちわ。
3年半は長くお付き合いした方じゃないですか?
2年くらいでバッテリーがダメになってきますよね。
私の携帯、そんな感じです。
欲しい携帯があるんですけど、なかなか腰が上がりません。
やっぱりまだ使えるからですよね。
夏までには変えたいです。
ちなみに、主人と同じ機種を使っているので、主人のタイミングも聞かないといけません。

>Carmenさん、コメント返しが遅くなってごめんなさい。。
おぉまたシンクロしてますかsmileご縁がありますねえ(笑)
Jフォンて、懐かしい響きが…(笑)私はドコモユーザーで、他のところを使ったことがないのですが、やっぱりドコモは高いんでしょうかねえ?
ただでさえ使いこなせないのに、その上他社に変えたらますます…になりそうで、ドコモのままなんですが。
それにしても数文字打つだけでバッテリー切れとは…手のかかる子でしたねえcoldsweats01

SwingingFjisanさん、コメント返しが遅くなってスミマセン。。。
そうなんですよね、同じメーカーのものにしたのに、ボタンの配列が変わっていて、「文字」キーが前は左上だったのに今回は右上だったり、「濁点」キーが右下だったのが左下になってて、何度も打ち間違えていますcoldsweats01
いろんな機能が付いているにも拘らず、キホン的なとこしか押さえていない私ですcat

フフフ…私も最近やっと携帯を変えました。
お部屋のリニューアルの件といい、何だか行動のパターンが似てますか?(笑)

でも私の場合、Jフォンですよ、Jフォン!
メールを数文字打つといきなりバッテリー切れになるので、年中上書きしてました。古すぎて、mixi にも入れなかった!

新しい携帯は快適だけど、機能強化されていてなかなか使いこなせませんね。私はメールを片手で打てないのですが、左手で打ってる人見ると、スゴイ!とか思ってしまう。やっぱりかなり浦島ですね~(笑)。

携帯とかパソコンのキーボードって、手がその感覚に馴染んでいますから、機種変後、ちょっとした配置のズレにもひどくとまどいますよね~。私など、前の機種を何年も使っていたので(mamiさんと同じくらい使っていたかも)、今の機種に馴れるまで大変な時間がかかりました(いや、トシのせいかcoldsweats01)。
そして、やはり前の子が愛おしかった…ま、新しいのに馴染む頃にはその気持ちが薄れてはきましたが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/20858674

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯を:

« 五月團菊大歌舞伎・昼の部 | トップページ | チケット熱、下がる? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ