« 「囃子の会」 | トップページ | 格好良さを堪能!「五人男」 »

2008/05/24

玉砕でした

8月の松尾スズキさんのお芝居「女教師は二度抱かれた」のDM先行販売、いつもはがんばって店頭に並ぶのですが今回は時間の制限もありやむなく電話でチャレンジ。
片手に携帯、もう一方に家電をにぎり20分以上粘るもつながらず。
もう準備をしないと仕事に遅れるー!と諦めあえなく玉砕しましたー。
いろんなとこの先行抽選にもエントリーしているのですが、当選したためしなし。
仕方ない。もう一般発売にかけるしかありません。。。

松尾さんの舞台はほぼ欠かさず観ていますが、今回は久々の復帰の舞台だし、出演陣も豪華だし(大竹しのぶさん、染五郎さん、などなど…)やっぱりぜひ観たい。
がんばるぞう。

それにしてもいまごろヤ○オ○に、この公演のチケットが並んでいるのかと思うと、なんともいらだたしいよぅ。

« 「囃子の会」 | トップページ | 格好良さを堪能!「五人男」 »

コメント

>みゅぅさん、そうなんですよー。
本当に行きたい人より、商売(しかも公正とはいえない)でやってる人がチケットを大量に取ってしまっているっていうのは、腹立たしい〜weep
つぎはなんとか取れるようがんばらねばっ!(笑)

こんにちわ。
あらららら。
残念でしたね。
でも、それだけ人気なんですね。
でも、手に入らなかったチケットがヤ○オ○に出てたら、本当に悲しいです。
だからって買わないですけどね。
調べたこともないですけど、きっと出てるんだろうなあ。
悲しいですよねえ。

>edaatsさん、こんにちは。
「東京タワー」は良かったですね。たくさん賞もいただいてました。
舞台のほうは、なんというか、松尾さん独特の「照れ」のようなものがあり、人間への愛しさとかせつなさに溢れてるんですが、それをあえて笑い飛ばすような「毒」があります。正直あまりお上品とはいえませんが、私は大好き。
舞台はチケット争奪戦が激しくて、毎回プラチナチケットですが、ぜひいちど経験してみてくださいまし♪

芝居はまだ観たことないのですが、「東京タワー」 の台本がすばらしかったですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/21143081

この記事へのトラックバック一覧です: 玉砕でした:

« 「囃子の会」 | トップページ | 格好良さを堪能!「五人男」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ