« 五月大歌舞伎・夜の部 | トップページ | 「囃子の会」 »

2008/05/23

ありがとう

今日はわたくし、お誕生日でございました。
朝からいつになくメールが入るので、なにかなと思ったら…happy01heart04heart04
忘れておりましたよ。
わたくしが忘れていたのに、憶えててくださってお祝い下さった皆様。

ありがとうございますshine

嬉しいものですねー♪
そして、自分のために祝うとともに、
きっと○○年前のこの日、私の両親はとっても嬉しかったんだろうなあと思い
両親にあらためて感謝、ですね。
自分自身を充実させて、素敵な毎日を送れるように、一生懸命生きていたいなと思います。

そして、このブログも、今日から3年目に突入いたしました。
3日坊主のわたくしが、よくも続いたものです。
これも、訪問してくださって、コメントやメールをくださったりする皆様のおかげさまですconfident
ネット上とはいえ、そうしたやりとりの感触がとても楽しくて、続けてこれました。
もうちょっとまともなものが書けるよう努力したいと思いますcoldsweats01
ありがとうございます。


…そんなことで(笑)今日も早朝から打ち合わせ、いまちょっと戻ってきましたがこのあともまた打ち合わせ…プランの時間がどうしても夜中〜明け方になり、ネムネムsleepyのわたくしではありますが…
これからもどうぞよろしくお願いいたしますheart

« 五月大歌舞伎・夜の部 | トップページ | 「囃子の会」 »

コメント

>kirigirisuさん、きゃーん!ありがとうございますー!おまぬけなんてとんでもない!とっても嬉しいですー♪
私もあの日は「囃子の会」の記事を見て、うわわわわー!と浮き立ってしまいましたもの。
そのお知らせも、嬉しい誕生日プレゼント、と勝手に思い込んでおります(笑)
お互い、いいお席で見れるといいですねぇ。

遅ればせながら、お誕生日そしてブログ2周年おめでとうございます
birthdaywinepresent

今更ながらのおまぬけな書き込みですみませぬ。正直に白状しますと上の記事に目がいってしまって、こちらの記事をすっとばしていました。coldsweats01 この一年もmamiさんいとってよい年でありますように!!

>SwingingFjisanさん、ありがとうございます。ケーキもありがとうございますheartそんな絵文字があったとは!(笑)
ほんとうに、おかげさまでいろんな方たちと出会うことができて、新しい広がりができました。思いがけず接点ができた方たち、とても大切な贈り物です。
これkらも、どうぞよろしくお願いいたしますねshine

遅ればせながら、お誕生日おめでとうございますbirthday
5月の爽やかな時期にお生まれになったのですね。ご両親への感謝の気持ち、mamiさんらしくて感銘を受けました。
ブログも3年目に突入とのこと、おめでとうございます。私もそうですが、ブログのおかげで色々な方と交流ができ、世界が広がったように思います。mamiさんとお知り合いになれたのもブログのおかげ、これからもお互い、続けていきましょうね。

>みゅぅさん、ありがとうございます。
そんなふうにおっしゃっていただくと嬉しいです。またまたこれからブログをやっていくエネルギーをいただいた感じです。
コメントもいつもありがとうshine
拙いものですが、これからもどうぞよろしくお願いいたしますねheart04

こんにちわ。
お誕生日、おめでとうございます。
そして、ブログ2周年、おめでとうございます。
たくさんの方々から「おめでとう」メールが届くなんて、mamiさんの人柄がうかがえますね。
これからも、素敵なブログを楽しみにしてます。
なんせ、私の世界を広げてくれるmamiさんのブログなので、毎回本当に楽しみにしてます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/21115692

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう:

« 五月大歌舞伎・夜の部 | トップページ | 「囃子の会」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ