« 三響会@南座、その2 | トップページ | 三響会@南座、その3 »

2008/06/01

今月の一本:2008/5

三響会に気をとられて、「今月の一本」を忘れるところでしたcoldsweats01

5月は、仕事の都合でいく予定だったものを断念しつつもなんとか後で行くことに成功し(笑)最初予定していたものは結局観ることができたことになります。我ながら天晴れ(笑)!

5/7 歌舞伎座 昼の部
/16 演舞場 昼の部(毛谷村、踊り三題のみ観劇)
/20 演舞場 夜の部
/25 歌舞伎座 夜の部
/26 演舞場 昼の部
/28 三響会@南座 昼の部、夜の部

今月はほとんど歌舞伎の観劇となりました。
菊五郎さんの弁天を通しで観れたこと、亀治郎さんの久々の古典、吉右衛門さんの伊右衛門など、みどころがたくさんありましたが…一本?…うーーーん。

迷った挙句…今月は、これっ!

「青戸稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ)@歌舞伎座
歌舞伎「安達原」@南座

今月も、「一本」じゃ、ないじゃん!
というツッコミはさておいて…。

「青戸…」はやはり、あの有名な弁天小僧の話を、通しで観れたことが素晴らしく。話には聞いてて知っていたストーリーを、舞台でしかと観れるのは全然入り方が違いますよ。初めて見知った気持ちになります。
そして、大人版の、役者のみなさんも、最大級に格好良かった!「キャー、カッコいい!」と高揚した気持ちで楽しく楽しくカンゲキいたしました。

「安達原」は、これはねえ。「ザ・亀治郎」でございますよ。笑。古典なんですけど、亀治郎テイストたっぷり。えへへ。見応えありましたheart04
強力の染五郎さん、祐慶の梅枝くん、それぞれに良かったし。
これが魅力で、京都に足を運んだようなものですので。。。(^-^;

というわけで、5月はこの二本でした。
6月は、お能の予定が多い。あとはコクーン歌舞伎。
友人に誘われて、いままで観たことない毛色のお芝居を観にも、参ります。
楽しみでございます♪

« 三響会@南座、その2 | トップページ | 三響会@南座、その3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/21349743

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本:2008/5:

« 三響会@南座、その2 | トップページ | 三響会@南座、その3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ