« 三響会@南座、その3 | トップページ | INSIDE OF KABUKI »

2008/06/03

三響会@南座、その4

三響会@南座思い出語り、最終夜。

歌舞伎 安達原
(夜の部)

 老婆実は安達原の鬼女 市川 亀治郎
 祐慶         中村 梅枝
 強力         市川 染五郎

 笛     福原 寛
 小     田中 傅左衛門
 大     田中 傅八郎
 太     田中 傅次郎

 三味線   今藤 長龍郎/杵屋 勝正雄
       今藤 政十郎/杵屋 禄山
       稀音家 一郎
 唄     杵屋 利光/松永 忠次郎
       東音 味見 純/杵屋 巳之助
       杵屋 禄文

夜の部さいごの演目は、歌舞伎「安達原」でした。
これは、2年前の東京での三響会でみて大感激をした演目です。そのあと亀治郎さんが、大河の撮影に入ってしまうのでこれでしばらく見納めと、目をこらして観たことをよく憶えています。

果たして…そのときの感動そのまま、いやそれ以上でした。
前シテ老女のくだりでは、糸車のシーンがことのほかよく、しみじみと老女の悲しみや諦めかけた気持ち、我が身を厭いながらもひとすじの光を求めているようなさまが伝わってきました。
声の出し方もとても押さえた感じが、出どころがないものを表現しているようでした。
私の感じ取り方も変化したのでしょうが、劇場の違いでしょうか、演技演出のなにか違いがあるのでしょうか、以前みたものとは、その精神のくぐもった感じの表現に深みがありました。

強力の染五郎さんが、最初に配役をみたときにはニンでないような気がしましたが、なかなかどうして、染五郎さんの強力になっていて良い味を出していました。
ちょっと軽くて、お調子者・小心者。でも正直者。そんな感じです。
祐慶の梅枝さんは、前回もこのお役でしたが、持ち味として清廉な雰囲気があります。若い修行僧の雰囲気、率直さがよく出ていました。

後シテ、鬼女に変化してからは、澤瀉屋である亀治郎さんらしさに溢れる演出、踊りの連続で、息をつく暇もありません。
あの長袴で、次々と体勢を変えながら激しく舞うさまは、美しくも恐ろしくせつなく。押し込めていた魂を、発散させるとそういうものになってしまうとは、ほんとうに悲しいこと。
恨みや遺恨の念で法力に対抗しようとしますが、どんどん追いつめられてしまう。

このときに、祐慶と強力とが交互に念仏を唱えるのですが、祐慶がひるんだときに、いままで怖がってばかりいた強力が勇気を振り絞って鬼女にむかっていくシーンがあります。この染五郎さんの表現が絶妙で、客席からは笑いが起きていました。腰がひけてるのに、一生懸命たちむかっていきましたからね(笑)。

追いつめられ、最後のシーンで、仏倒れ。これは、演舞場のときはものすごく“ため”があって、ゆっくりと前に倒れていきどんどん加速していったのですが、今回は大きく後ろに反り返り、その反動で一気に前に倒れ込みました。
そして断末魔、大ぜりへの飛び込みのシーンです。前にみたときは客席に後ろを向いて足から飛び込んで(落ちて)いったのですが、今回はなんと、背中からダイブ!そう、碇知盛のように、背中からうしろに飛びこんでいったので、会場中おどろきの嬌声と拍手!でした。
…もう、ほんとうに夢中になって見守ってしまった…。

このように書くと、いわゆる「ケレン」の部分に気持ちを持っていかれているかのようですが、亀治郎さんのケレンには「物語」があります。その一挙手一投足に、味わいがあります。ただ体を動かしているわけではありません。だから目を離せないのです。

亀治郎さんの「芸」には、私は「あぶなげ」というものを感じないのです。いつもいつも期待して、そしてそれ以上のものを見せていただいている。もしそうでなかったとしてもどこかで必ず巻き返してくると、信じているのです。
ですが、このとき、やはりまた期待を大きく上回る感動をいただいて、ちょっと泣けてしまいました。
どこまでいくんだろうと。

うーん、これはこの日の舞台に関する感想ではなくて私の感傷かもしれませんが。
とにもかくにも、前回以上の感激、前回以上の充実感を味あわせていただいて、この「安達原」で今回の京都の三響会を見納めることができ、幸せな一夜でございました。
ありがとうございます。

« 三響会@南座、その3 | トップページ | INSIDE OF KABUKI »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/21355092

この記事へのトラックバック一覧です: 三響会@南座、その4:

« 三響会@南座、その3 | トップページ | INSIDE OF KABUKI »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ