« 能楽二本立て♪ | トップページ | 囃子科協議会定式能 »

2008/06/13

亀だの虎だの…

ワタクシの亀様好きは夙に知れ渡っていると思いますが、もっちろんミーハーなワタクシは、そのほかにも好きなひとがたーくさんいてはります。(なぜ関西弁?)

歌舞伎だったら、勘太郎くんでしょ、仁左さまでしょ、ここのところ赤丸急上昇中の藤十郎さんでしょ、菊五郎さんもいいわあ、それに…やっぱり芸に抜き出た方は眼福至極、自然と舞台の姿を目で追ってしまう役者さんはたくさんおられます。
お囃子の好きな私は、小鼓や三味線、謡の方も必ずチェック。傅左衛門さん傅次郎さんがいらっしゃればもちろんトキメキますが、三味線では野澤松也さん、鶴澤寿治郎さんが大好き。音が絡み付いてくるの〜(^-^)

お能囃子では、お能に嵌るきっかけをつくってくださった亀井広忠さんですよ。それから、よく組まれている大倉源次郎さん。一噌幸広さん。偉大なお父様・亀井忠雄さんにはいつも圧倒されます。
そしておシテ方では一目惚れの近藤乾之助さん。ワキ方宝生閑さん。若手の片山清司さん。などなど…。

小劇場系が好きな私は、歌舞伎などを見始めるずーっと前から大好きな、松尾スズキさん。高校生の頃から好きな横内謙介さん。新感染なんかも大好き。(みなさんもう小劇場系といえないビッグぶりですが)
そもそも、寺山修司や唐十郎なんかで育っちゃったもので、華やかなミュージカルとかになかなか馴染めないワタクシ…(けっこう好きだったのが北村想、これがまた地味というかちっちゃいというか…なのよね。いや繊細で、心に沁み入るいい舞台なんですよ!)
舞台出身の役者さんたちが、好きですねえ。佐々木蔵之介さんとか秋山菜津子さんとか。ミタニンとそのチームの方々も。

でもって最近、また新たな方がココロに参入。笑。
「ちりとてちん」に出てらした加藤虎ノ介さんですよ!いいですねえ。
いやなんで、今さら…ってころなんですが、「ちりとてちん」のDVDがきちゃったのよーん♪で、まだ見てない(なのかい!)のですが、四草良かったよね〜って、蘇ってきた!
ただいまマイブームでやんす。(これは江戸弁?)
これから楽しみな役者さんですね。とりあえず夏の「ちりとてちん」番外編「まいご三兄弟」が底抜けに〜、楽しみ!

ここんところくすっぽまともな記事を書いてないのに、なんでこんなに長く(しかもくだらなーい私事を)書いちゃってるかというと…。
今日やんなっちゃったのよーぅ仕事するのが。
いっぱいあるのにさ、ほんとは今日やる予定にしてるものもあったんだけど、今日は、やめたの!もういいの!ツカレタからダラダラするのー!
お芝居観に行ったりするのも含め、毎日スケジュールに息を抜けなくて(そりゃワタクシのせいですがね)はぁー。

なので、ちょっとやる気が復活してきたら、感想書くでやんす。おほほほ。

« 能楽二本立て♪ | トップページ | 囃子科協議会定式能 »

コメント

>みゅぅさん、「ちりとてちん」毎朝は見れなかったんですけど、見た時には、朝から泣いたり声をあげて笑ったり。朝からこんな、感情動いて大丈夫ー?って感じでした(笑)
ストーリーの構成とか台詞運びなんて出色の出来だし、キャストもみーんな良かったし、まさに「名作」ですよね!みんな、愛しかったあ!
実はまだDVD見れてないんですbearing時間が取れたらじっくり見る予定です。

こんにちわ。
「ちりとてちん」のDVD購入したんですね。
ネットニュースで売れてる!って載ってました。
視聴率悪かったのにって。
「ちりとてちん」、大好きでした。
テンポが良かったです。
そして、私は草若師匠が大好きでした。
師匠が亡くなるシーンはもう涙、涙でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/21597894

この記事へのトラックバック一覧です: 亀だの虎だの…:

« 能楽二本立て♪ | トップページ | 囃子科協議会定式能 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ