« INSIDE OF KABUKI | トップページ | 「YARINIGE!」 »

2008/06/05

忘れたころに。

先月の千穐楽を観にいった演舞場昼の部のおもいで話をちょこっとな。
わたくし自身の、記憶のためもあります。てか、それがメインですcoldsweats01
いまさらですが、すみません。

毛谷村、中日ちかくに観たときからすると、亀治郎さんのお園の安定感がぐっと増した感じ。虚無僧のときの声にゆらぎがありすぎたのよね、以前は。でもそのあたりが定まってきたことで、もともとあった女性・お園の可愛さがぐっとひきたってきていました。
ことに、対する相手が六助とわかったあたり、その恥じらい方が可愛くも男前(?)coldsweats01で笑っちゃいましたねえ。
お幸の吉之丞さんがいい味わい。六助と金包を投げあうシーン、この前みた三階からはよくわからなかったんだけど、今回は一階二列めのお席とあって目の前。なのにやっぱり分からなかった。ある意味マジック。
錦之助さんがあまり悪役な雰囲気なし。ニンじゃないんでしょうかねえ。でも格好良かったけど。
これって、お園の演技の振り方によっていくらでも成り立つお芝居で、面白い話です。そのぶんお園は難しいのかも。亀治郎さんのお園はまだまだこれからもっと良くなるという印象なので、またやってほしいなあと思います。

踊り三題、まずは「藤娘」、福助さんはとっても綺麗。なんですが、お客さんにサービスしすぎ!?で、腹十二分めくらいいっちゃいました。
サービス精神が旺盛なのはとてもありがたいことなのですが、過剰だと品格がちょっと…。せっかく綺麗なのにとっても勿体ない。でもこちらに向かってご挨拶されたときには盛大な拍手しちゃいましたが。観客の性。苦笑。
「三社祭」、染五郎さん亀治郎さんが楽しそうでしたよ。前回みたときはちょっと亀治郎さんお疲れ?とうつりましたが、この日は元気いっぱいに動かれてました。楽しかった。
「勢獅子」、豪華で華やかで楽しい舞台。錦之助さんと歌昇さんが素敵だったんですけど、一番印象に残ったのは獅子舞でした。あれれ。

「一本刀土俵入」、前回は踊りを見終わって帰ってしまったので、この日が初見でした。
吉右衛門さんがさすがのめりはりのきいた演技で見せてくれましたね。芝雀さんのお蔦も良かった。
とても人情の厚みを感じた温かいお芝居で、こういう人いそう、というようなごろつきの歌昇さんがまたいい風味。
実は途中しょっと意識を失いかけたんですが、ラストの吉右衛門さんの、お蔦の幸せをいのって逃がしてやる、そのシーンだけみて泣けちゃった。私の涙腺て…。
でも、ひとことでぐっときちゃったのよう。吉右衛門さん、悪い役も堂にいっちゃうんだけど、こういう人情溢れる役がとってもいいですよねえ。ほっこり温かくなりました。

演舞場昼の部、楽しかったなあ。お席も良かったし。踊り三題の、音楽が長唄、清元、常磐津っていうのも、楽しかった。傅次郎さんが小鼓で登場されてた。さいきん、小鼓での登場も多くなりましたね。
そういえば、筋書きの大きさがちいさくなった。これ、いつからだったんだろう。歌舞伎座のと大きさが揃って、こっちのほうが好き。

« INSIDE OF KABUKI | トップページ | 「YARINIGE!」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/21405908

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れたころに。:

« INSIDE OF KABUKI | トップページ | 「YARINIGE!」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ