« ことしの亀治郎の会はこれ! | トップページ | 九月演舞場 »

2008/07/03

今月の一本:2008/6

6月は、仕事も観劇も、超多忙となりました。
ついぞ歌舞伎座には行けなかったけど、こういうスケジュールを組んだのは、正解だったかも。

6/6 YARINIGE! @Star Pine's Cafe
/11 東京囃子科協議会定例能 @国立能楽堂(近藤乾之助さん「花月」)
/12 シリーズ「歌」能楽囃子コンサート @紀尾井ホール
/18 コクーン歌舞伎 昼の部(勘太郎さんのお辰) @シアターコクーン
/20 能楽現在形 観世流 @世田谷パブリックシアター
/21 能楽現在形 喜多流 @世田谷パブリックシアター
/27 コクーン歌舞伎 夜の部(七之助さんのお辰) @シアターコクーン
/30 亀治郎さん巡業 初日 @江戸川区総合文化センター

…控える控えるっていって…こんなに行ってるじゃん。。。ちょっと反省。
今月は…選びがたいんですけど、こちらで。

能楽現在形 観世流 「融」(シテ 片山清司)
…いや良かった。良かったのよ。
舞台構成は新しい試みだったけど、片山さんの手堅い舞で地に足がついたものになった。(演目は、空を舞うものですけどね!)謡もよかったし。

…で、結局今月ももう一本。
亀治郎さん巡業「操り三番叟」
弁天小僧もとっても良かったんですけど、初めてみるこの演目の動きに目をみはるものがありました。
とっても楽しかったし、あの軽やかさの裏にはものっすごい技術があることに敬服。

7月は、今度こそ「控えめ」なはず・・・はず。笑。

« ことしの亀治郎の会はこれ! | トップページ | 九月演舞場 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/22038212

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本:2008/6:

« ことしの亀治郎の会はこれ! | トップページ | 九月演舞場 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ