« おめでとうありがとう | トップページ | 「五右衛門ロック」 »

2008/07/22

ルーマニア料理

を、食べに行きました。
…って、写真もなんにも撮ってきてないんですけどcoldsweats01ご機嫌でパクパク食べちゃったもので・笑。

お誘いいただいた時は、ルーマニア料理?どんなの?って感じ。あんまり巷でも見かけないですし、食べたこともないですし。わからないですよねえ?

でも、いろんなものが少しづついただける美味しいとこ取りのコースを頼んだので、いろんなルーマニア料理を一度に体験!
なかなか美味しかったです。
前菜の野菜のディップもなかなかでしたし(タマネギのみじん切りとこのディップをパンに載せていただくんですけど、これが美味!)、トリッパのスープは濃厚なお味。私は実はトリッパとか、モツとかはいまひとつ苦手なんですが、まあこれはなんとかいけました。
メインディッシュは、茄子とひき肉のパイ包み焼き・ケバブに似たお肉料理・とうもろこしのマッシュポテトみたいなの・ソースで煮込んだお肉料理・茹でたお野菜…などなど(お料理の名前がわからない…スミマセン)がワンプレートに盛られていて、なんだかお子さまランチみたいな楽しさnotesでございましたよ。
内陸の国だからか、はたまたお肉好きの国民性なのか、お魚料理は出ませんでしたねー。お肉ちょっと苦手な私にはボリュームありすぎでしたけど(笑)パイ包み焼きがことのほかいけました!
お味は濃いめ。塩味も香辛料も、しっかりと味付けされてました。

感動したのはデザート。
フワフワに揚げた熱々ドーナツに、生クリームとブルーベリーのソースがかかっていて、美味しかった!もう一種類、アイスクリームもあったので、両方頼んでシェアしたのですが、こちらもベリー系の濃厚なお味。美味しかったですdelicious

さいごに…「ルーマニアといったら、薔薇でしょ!」という、ほとんど根拠のない勝手な思い込みcoldsweats01で、「バラのジュース」とやらを頼みました。
これが、バラの香り高く、ちょっと甘くて美味しくて、すごく幸せな気分になるのですよ!
バラって、アロマなどでも、リッチな気持ちにさせてくれるものですが、これを飲み物にしちゃうなんて、なんてすごいの!
いままでバラのエッセンスを紅茶に落として飲んだりはしたことありましたが、こんな濃厚なバラの香りのジュースには感動!でした。
やっぱりルーマニアのイメージは、さらに強力に「薔薇」で植え付けられたかんじ(笑)
ドーナツとバラのジュースをいただきに、また行っちゃおう!

« おめでとうありがとう | トップページ | 「五右衛門ロック」 »

コメント

>みゅぅさん、この日行ったお店は銀座です♪「ダリエ」といいます。
ルーマニア料理の店って、都内にもあまりないようなので、ネットで調べたらすぐ見つかるんじゃないかな。
行ったら、薔薇のジュースはぜひぜひ体験してみて。
シアワセ〜な気持ちになるからきっと。

こんにちわ。
ルーマニア料理、食べたことないです。
でも、mamiさんの感想で、食べちゃくなっちゃいました。
さて、どこに行けばいいのやら?
ちょっと検索してみよう。
可能ならば9月の主人の夏休みに食べに行こうと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/22489981

この記事へのトラックバック一覧です: ルーマニア料理:

« おめでとうありがとう | トップページ | 「五右衛門ロック」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ