« ただいま | トップページ | リズム »

2008/07/17

パッション!

…てことで(え?)すこぉし仕事が落ち着いてきました。
というか、量は増えていってるのですが、爆発しそうだった案件が収束をみているので、、、

肩の荷が降りかけている…gawk

よかったよーう。いえまだ気は抜けませんが。

…となると、今月一回も行ってない歌舞伎とか、
無性に観にいきたくなってきた!
でも、チケット、ないの(T_T)
歌舞伎座も国立も、私の行ける日のチケットが、なーい!(T_T)
怒濤の8月9月のために、芸能の神様が「今月控えよ!」っていってくれているのねきっと…(T_T)
…ま、いっか。


今日はいただきもののパッションフルーツが、ほどよく表面しわしわになってきていたので、いただきました。
切ったとたん、部屋じゅうパッションフルーツの香りが!(^-^)
もちろん美味しくいただいて、こんなにいい香りのするゴミは(皮のことです)きっと、ちっちゃい虫がいっぱいきちゃうわー、と思って、きっちきちにゴミ袋の口を締めて出かけたのですが、、

帰ってきたら、やっぱり、いるじゃん!
ちっちゃい虫くんが!
どこから来るんでしょう。
でもいまだに、部屋じゅういい香り!
虫くんの気持ちもわかるわ。
こんな香りに包まれてたら、気持ちいいもんね♪
でも虫くんにはやっぱりご遠慮願いましたけど。

それにしても、パッションフルーツって、中身、「パッション!」って感じだよねえshineshine

…久々のエントリーがこんな記事でスミマセンcoldsweats01

« ただいま | トップページ | リズム »

コメント

>Calmenさん、ドリアン!それは大変です。虫くんも来ないかも…笑。
でも私、ドリアン大好きですよー。日本で食べたことないけど。

ミミズといえば、昨晩私も見ました。アスファルトの道を、横向きに、ころんころんしてました。
地面の中が暑くてたまらないのかもしれませんねー。
それともなにかを知らせてくれてる…?

>みゅぅさん、ほんとうに、どこから来るんだか。
いつの間にかいるんですよねー。目敏いっていうか嘴長いっていうか(笑)

いつも、窓を大きく開けて、外にいってもらってます。
でもきっと、ゴミ袋の口を締める時に、ゴミと一緒に心中している虫くんが、いると思う…coldsweats02

ドリアンじゃなくて良かったですね~(笑)。
虫くんもそうですが、今年は何だかミミズ、多くないですか~。
玄関先でうねうねしてたり、道端でも。
何十年ぶりに見たかなぁ。
いよいよ地中にいられなくなって出てきたか。
何か天変地異が起こる知らせでしょうか…?

こんにちわ。
とりあえず、お疲れ様でした。
でも、まだまだ戦いは続きそうですね。

虫くん、すごいですよね~。
私も今、戦ってます。
私はメロンを頂いて食べたんです。
ちゃんと封して捨てたのに、いっぱい集まってました。
いや、フルーツだけにって感じじゃないです。
生ゴミにもって感じです。
なぜ~!
でも、防ぎようがないので、害を加えてくるわけじゃないし、共存しちゃってます。
でも、ゴミ箱の中だけにいてくれればいいのに、部屋にもきちゃうんですよね。
気になりだすとすごく気になります。
小さくて機敏な虫君なので捕まえるのも一苦労です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/22367119

この記事へのトラックバック一覧です: パッション!:

« ただいま | トップページ | リズム »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ