« パッション! | トップページ | ロスト・チケット »

2008/07/18

リズム

ふとしたことで、「能楽囃子」それも、「鼓」のリズムを教えていただくという機会に恵まれました。
その前には、「謡」のこともちょっと教えていただいてました。

で、こんどはその「謡」に合わせて、「囃子」がどう入るかという。
超初心者向けだという「楽譜」を見せていただき、ポン、ポンと手拍子で打つ練習。
これが謡のリズムにひたすら合わせていくものだから、西洋音楽でいう○拍子、っていうのと全然違うんですよねー。
しいていえば「変拍子」ってところでしょうか。

で、「裏でリズムをとる」
そこが間違わなければ、謡のどんなリズムにも合わせられる、っていうのが、身をもってわかりました。
聞くとやるとじゃ、まさに大違い。
む。
むずかしいー。

以前広忠さんが、お囃子のことを「ジャズセッション」と表現されていたけれど、なるほどこういうことなのねと、、、
ほんのすこぅしだけ、わかったような気がします。
ますます、お囃子が好きになるー。
おもしろいったら、ありゃしないのよー。

« パッション! | トップページ | ロスト・チケット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/22392061

この記事へのトラックバック一覧です: リズム:

« パッション! | トップページ | ロスト・チケット »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ