« 生まれたてみたいな、、松尾スズキ。 | トップページ | 能楽座 »

2008/08/20

すげーーー!

「すごい」じゃ足りないんだよ。
だって「すごい」だと、さいごに口が閉じちゃうじゃない?
「すげー」だと、口は開きっぱなしさっ!

そーなのだ、開いた口が塞がらないのさ。

あんなに軽々と、ふたつめの世界新、って、
ボルトさーん、どこまでいくんだーっ!

« 生まれたてみたいな、、松尾スズキ。 | トップページ | 能楽座 »

コメント

>みゅぅさん、コメント返しが遅くなってすみません。
オリンピック、いつ何時テレビをつけても必ずどこかでやっているので、ついつい見てしまいます。
今回のボルトはすごかった!まさに人間離れしてますね。
それから、なにげにトランポリンて面白いなーって。
そうこうしてる間にオリンピックも終わり夏休みも終わり夏は過ぎ行く〜wobblyは…早すぎる。

こんにちわ。
mamiさんもオリンピック楽しんでるんですね。
私も毎日釘付けで観てます。
でも、私の家はアナログ放送で衛星も入ってないので、主要なものしか観れずで残念です。
まあ日本人が活躍したものはちゃんとVTRで放送してくれますが、マイナー競技も面白いのがたくさんあるので、それを見つけるもの楽しみの1つなんですけどね。
それにしても、ジャマイカの選手のバネはすごいですね。
男子も女子もすごい。
そして、競泳のマイケルフェルプスもすごい。
8冠でうち7冠は世界新記録だもの。
昨夜はソフトボールの日本代表もすごかった。
みんなすごい!拍手です!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/23121294

この記事へのトラックバック一覧です: すげーーー!:

« 生まれたてみたいな、、松尾スズキ。 | トップページ | 能楽座 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ