« 九月の歌舞伎座・夜の部 | トップページ | ワンカップの旅6 »

2008/09/30

今月の一本:2008/9

9月はたくさん観ました。

[舞台]
/3 演舞場夜の部「加賀美山旧錦絵」「色彩間苅豆 かさね」
/9 歌舞伎座昼の部「竜馬がゆく 風雲篇」「ひらかな盛衰記 逆櫓」「日本振袖始」
/13 国立能楽堂25周年記念公演 能「大原御幸」狂言「蜘盗人」能「泰山府君」
/19 赤坂歌舞伎「狐狸狐狸ばなし」「棒しばり」
/23 演舞場夜の部
/26 歌舞伎座昼の部
   歌舞伎座夜の部「鳥羽絵」「河内山」

[映画]
/1 「デトロイト・メタル・シティ」
/12 「赤い風船」「白い馬」

[展覧会など]
/12 「ミレイ展」
/28 「村野藤吾展」

お能が一本だけというのがちょっと寂しかったですが、今月はなんといっても亀治郎さん大活躍でしたから、亀治郎さんメインで…bleah
古典芸能一色の舞台に加えて、今月は映画や美術展にも行けたことが良かったです。なんか自分的に、バランスよくて(笑)。
やっぱり映画「赤い風船」「白い馬」の感動はものすごくて、観てほんとうに良かったと思いましたし、歌舞伎では「加賀美山…」の主役3人のバランスがとても良くて(肝心なところは時蔵さんが締めていたと思います)印象的でしたし、「日本振袖始」の玉三郎さんもすごかった。「逆櫓」の良さを感じることができたのも個人的には大収穫でした。吉右衛門さんの、河内山の台詞、きかせてくださいましたしねえ〜notes「かさね」の亀×海老、美しかったですしlovely

というわけで、毎月「一本」を選ぶのがとても難しい…(個人的にやってるだけなのに)
ですがいちおう今月は…

「赤い風船」「白い馬」

で。shine
実は歌舞伎から選ぼうとすると「加賀美山…」「かさね」「日本振袖始」「逆櫓」がはずせない。
なのであえて映画から。でもこの4作品は、今月とても感動した作品です。

10月は、とある試験のため前半中盤はかなり自粛します。(でも4日の「塩津哲生の会」入れちゃってますがsweat01)観劇は、本数を絞って月末近くになります。…って、たった2週間自粛して試験に備えるらしき体制をつくろうとしている私って、かなりいいかげんですねえ。
今月は、とにもかくにも充実の、「芸術の秋」月間でございました。

« 九月の歌舞伎座・夜の部 | トップページ | ワンカップの旅6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/24166740

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本:2008/9:

« 九月の歌舞伎座・夜の部 | トップページ | ワンカップの旅6 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ