« 赤坂歌舞伎 | トップページ | 九月の歌舞伎座・昼の部 »

2008/09/26

歌舞伎座千穐楽

盛り上がった九月も歌舞伎座千穐楽にて、今月の歌舞伎観劇のおしまいでございます。
歌舞伎座昼の部は、今日を合わせて二度拝見しました。
夜の部は今日が初見。はい、本日「通し」でございました♪

今月は、歌舞伎座も演舞場も、とても堪能できて大満足…おなかいっぱいにさせていただきました。
こういう濃い番組みを、今後も望みます♪
海老蔵さんの美しさも、時蔵さんの正統派ぶりも、玉三郎さんの人間離れっぷりも、吉右衛門さんの重厚さも、もーう存分に味あわせていただきましたし…それに御贔屓の亀治郎さんの活躍ぶりといったら…とことん楽しませていただきましたわ♪
今日は夜の部「河内山」で、玄関先の場・河内山の台詞の前に「たっぷり!」「名調子!」「待ってました!」と大向こうがかかったのもわくわくしましたし、なによりその台詞の中に「今日は千穐楽だ…」と吉右衛門さんが入れてくださって、もうそれだけでも千穐楽に来て良かった!と嬉しくなりました。

いままでさぼっちゃってたので、歌舞伎の感想がたまっています…(^-^;
まずは歌舞伎座のぶんをかいつまんで。

200809262102000
↑千穐楽、はねたばかりの歌舞伎座。

« 赤坂歌舞伎 | トップページ | 九月の歌舞伎座・昼の部 »

コメント

>SwingingFjisanさん、コメント返しが遅くなってすみません。
仰るように歌舞伎って、千穐楽もさらっと終わりますよね。他の色々な舞台を観ていた私には、最初の頃それが物足りませんでしたわgawkおいおい古典芸能はそういうものだということが理解できましたけど。
でもこの日のようにちょっとしたおまけ(?)があると物凄く嬉しくなってしまいます。会場も大いに湧きました!

SwingingFjisanさんもぜひ次回は千穐楽にも〜notes

通しのご観劇、お疲れさまでした。
歌舞伎は千穐楽だからといって特別なことがそうそうあるわけではありませんが、吉右衛門さんのようにさりげなく千穐楽ムードを高めてくださると嬉しいですよね。千穐楽に来てよかった、というmami様のお気持ち、よくわかります。よかったですね~happy01 私もその場にいたかったな、なんて又欲張り心がむくむくと…coldsweats01(もう遅いですけどね)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/24050026

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座千穐楽:

« 赤坂歌舞伎 | トップページ | 九月の歌舞伎座・昼の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ