« 今月の一本:2008/8 | トップページ | 亀治郎の会・その後 »

2008/09/03

亀ちゃん堪能!

新秋九月大歌舞伎 夜の部 @新橋演舞場
に行ってきました。

まだ今月は始まったばかりですので、詳しく語ることはせず、大幅に亀治郎さん寄りでワキワキの感想。
だって、亀ちゃん、大活躍!だったんですもーん!heart04(演目と配役みればわかるわよ的ツッコミは無しでお願いいたしたい・笑)

「加賀見山旧錦絵」、召使お初の亀ちゃん、溌溂としてて賢くて、ご主人様(尾上@時蔵さん)への思いやりと忠誠心に溢れていて、すってきshine
武芸の試合にはあっさりと勝っちゃうし、いじわるな岩藤(海老蔵さん)との対決でも、尾上への一途な思いが感じられてけなげだし、それになんといっても、キレイで可愛らしい〜!
召使なので、当然衣装や立ち振る舞いにも華やかさは無いのですが、端切れがよくって美しかった♪
そんな亀ちゃん、今回は花道率もかなり高し!(花道でのお芝居がかなり多いのです)私は今日は3階最前列でしたが、一階でも観る予定なので、楽しみです♪
ちなみに岩藤の海老蔵さん、ほんとうに意地悪で、しかも大きいから(笑)強そうでコワイの〜。そんな岩藤に、主人の敵とちっちゃい(く見える)お初が立ち向かっていくので、「がんばれ!お初!」とついつい応援してしまう。
宿敵岩藤を倒して(?)さいごにご主人様に「私が打ちましたから、どうぞ恨みはお忘れくださいませ〜!」(スミマセン大意です)というところ、ぐっときました(涙)。
お初、大活躍!亀治郎さん、大活躍!でございましたnotes
あと、冒頭で登場する「姫」役の梅枝くんがものっすごーく美しかったです。

「色彩間苅豆 かさね」、これ、すごく楽しみにしておりました。評判は夙に聞いておりましたけれど、私は一度も観たことがなかったので。
海老蔵さん、さきほどの岩藤のときは「大きい〜!強そう〜!」という印象だったのですが、こちらではもう超絶に色男lovely亀治郎さんとのバランスも、たいへんいい感じ。
亀治郎さんの女形、さいきんとみに、美しくなりましたよね〜heart04
美しく、そして一途に与右衛門を思うかさね、終盤の怨念執念は背筋が寒くなりました。。。海老蔵さん亀治郎さんともに、迫真の演技・踊りで大迫力。息もあっていて見応えありました。
私見ですが、亀治郎さんてこういう、一途さこうじて執念となる、あるいはそのために深い業を背負う、女性の役がとても上手いと思うのです。女性じゃないのになんで〜!と思いますが、恐ろしいほど深く表現されてますね。(逆に男性だから感じるところがあるのかも?)
そんなわけでこちらも見応えたっぷり、花道率もこれまた高くて、この次は美しい亀治郎さんをもっと近くで見れるのが、楽しみです。

あ〜亀治郎さんすてきい〜!とワキワキ、ニコニコしながら帰ってまいりました!happy01

« 今月の一本:2008/8 | トップページ | 亀治郎の会・その後 »

コメント

>non様、初めまして。ようこそのお越しで。コメントありがとうございます♪
いつも見てくださっているとのこと、重ねてありがとうございますhappy01

加賀見山のお初は亀治郎さんのためにあるのかと思うほどぴったりのお役でした。
かさねは評判どおり素晴らしく、亀治郎さんの踊りの上手さが堪能できました。
日月ということは、もう明日には亀治郎さんに会えるのですね!存分に楽しんでいらしてくださいね!もうホントに美人さんですから(笑)。

これからも亀友として、よろしくお願いいたしますねconfidentnote

mami様
初めまして。nonと申します。突然のコメント失礼します。
ブログ、いつも楽しく拝見していますnote
私も亀治郎さんのファンで、日月に歌舞伎座と演舞場に行く予定なのですが、mami様のレポを読みますます楽しみになってきました。亀ちゃん大活躍、今からドキドキワクワク状態ですheart04
亀ちゃん&歌舞伎歴が浅い私ですが、これからもmami様のブログで観劇の感想などいろいろと教えていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/23478620

この記事へのトラックバック一覧です: 亀ちゃん堪能!:

« 今月の一本:2008/8 | トップページ | 亀治郎の会・その後 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ