« 消える小劇場 | トップページ | これでいいのだ〜といいたいのだ。 »

2008/09/07

今日のひとりごと

夕方からまたまた豪雨でした。
なんだかあやしいなーと思っていたら、「ボトッ!」て音がし始めて、なにかと思えば大粒の雨!
童話の世界みたいに、雲の上ではゴロゴロ、ゴロゴロ。
ものすごく空気とか気圧とかさまざまなエネルギーがうごめいている感覚。
なんだかね、傘を上からぐいぐいって、押されてる感じがしましたよ。雨じゃなくてね。空気圧でね。

電車に乗って外を見ると、雲の上で光がうごめいている。
ときおり空を裂くように稲妻が走る。地上までまっすぐに!
すごい景色でした。
電車も、落雷などで止まってしまい、混乱しましたね。

ゲリラ豪雨などと呼ばれているようですが、その意図はまあわかりますが、なんというか「戦ってる」名前ですよね。人間中心の名前の付け方ですね。
いまの世の中が「戦ってる」環境なので仕方ないかなとは思いますが、それにたくさんの被害も出ているのでそれは本当に大変なことなのですが、こんな名前つけられて、天はどう思っているのでしょう。
人間がいろんなところで自然現象をいじっているがためにバランスが悪くなって、それを調整しようとしている現象なのだったら、もっと素直に受け止めるものなのではなかろうか。
名前のつけかた自体に、謙虚さがない気がいたします。

自然には、もっと謙虚に、感謝するのがごくあたりまえなことなのではと思われ。
このお天気の不安定さは、そのことへの警告とも思えるような気さえいたします。

とりとめなく。ひとりごとでした。

« 消える小劇場 | トップページ | これでいいのだ〜といいたいのだ。 »

コメント

>マカロンさん、初めまして。初コメントありがとうございます。
そして、こんな拙ブログを毎日のように見てくださっているとのこと、ありがとうございますconfident

いやいやなんだか照れてしまうようなこと書いていただいて、恐縮でございますcoldsweats01でもとっても嬉しいですheart
とりとめのないことばかり、そして観劇のミーハー日記ですが、またぜひお越し下さいませ。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
気が向いたらまた書き込みしてくださいねー♪

>nonさん、そうそう、そうなんです、挑戦的ですよね。。。
自然界もそうですが、社会的にもいろいろ不安定な事件がたくさん起きていて、ほんとうにバランスがくずれていると感じます。
ひとりひとりが、なにができるか、真剣に考えたいですよね。

はじめまして。
毎日mami様ブログにお邪魔してますが、コメントするのは初めてです。
ゲリラ豪雨について、「さっすが!」です!
このような視点素晴らしいです!
あっぱれです・・・mami様!

いつもmami様の感覚に魅了され(^_-)-☆てはおりますが、いやはや、、唸ってしましました…お話の通りだと思います。
どうしても、気持ちをお伝えしたかったので書き込みました。
ありがとうございます。

本当に。その通りだと思いました。
ゲリラ豪雨って、挑戦的というか敵対心さえ感じますね。
ここ最近の豪雨は、自然を支配したつもりでいる人間たちに天が何度も警告をしているのに、結局変われない私たちに対しての怒りの涙のような気がします。
この先どうなってしまうのでしょうね。

それとリンクの件有難うございますhappy01。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/23584434

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のひとりごと:

« 消える小劇場 | トップページ | これでいいのだ〜といいたいのだ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ