« 「忠臣蔵」Bプロの感想 | トップページ | デザイナーズ・ウィーク »

2008/10/31

今月の一本:2008/10

今月は…(見ない見ないといいながら)やっぱり後半にまとめて観ましたcoldsweats01

【舞台】
10/4 塩津哲生の会 @喜多能楽堂
10/21 十月大歌舞伎 昼の部 @歌舞伎座
     十月大歌舞伎 夜の部 @歌舞伎座
10/24 平成中村座「忠臣蔵」 Aプロ @浅草寺中村座
     平成中村座「忠臣蔵」 Bプロ @浅草寺中村座
10/27 十月歌舞伎公演「大老」 @国立劇場

見事に月末にかたよっております…(笑)
そして中盤は、何か見たくてしようがなくて、ビデオ3本見ちゃいました(笑)
「転々」「Always三丁目の夕日」「Always続・三丁目の夕日」です。
「転々」はなかなか良かったです。「Always…」は評判どおりでなかなか泣けましたhappy01。続編はとくになくても良かったかも〜。

ちょっと、今月はなかなか難しい…でも…一本あげるならこれかなあ。

平成中村座「忠臣蔵」Aプロ

小屋で大序をみる。ざわざわした中で。
小屋で、手の届くような近くで、四段目を見る。
そして、裏門の場を見たことであとの勘平の悲劇が深く掘り起こされる。
「小屋で昔ながらの筋立てで」という企画にはまりました。

でも菊五郎さんの直次郎も色気があって素敵だったし、芝翫さんの藤娘も至芸でしたし、吉右衛門さんの井伊直弼も大きくて良かった。芸、ということになるとこちらかもしれません。
たくさん、楽しませていただきました。


↓それとは関係なく、まったくの余談。

今日10月31日は、リバー・フェニックスの命日です。
もう15年前になります。
いま彼がいたらどんな俳優さんだったんだろうという、いっても仕方のない夢を、まだ考えることがあります。
屈折した、澄んだ瞳が、魅力的でした。
ハロウィンの夜というと、彼が亡くなったニュースを思い出します。
ぜひまた生まれてきて、その屈折したものを浄化できればなあと願います。

« 「忠臣蔵」Bプロの感想 | トップページ | デザイナーズ・ウィーク »

コメント

>SwingingFjisan様、そうなんですよね、何故「今月の一本」なんてことにしちゃったのかと今さら後悔しています。SwingingFjisan様のように「見ました」っていう内容にすれば良かったですcoldsweats01
「忠臣蔵」はAプロBプロと見ましたが、どちらも良かったですし、他の座館のも良かったですよね。

>最近、あまり期待しないで見たものが思いがけなく素晴らしかった、というようなことがよくあり、さらに選択を難しくしています。

ほんとうにその通りです。博多座の「団子売」のときのように。wink

でも、一本選べないほどみんな素晴らしいなんて、たいへんに幸せなことですよね♪

おはようございます。
1本に絞る、というのは難しいですよねぇ。最近、あまり期待しないで見たものが思いがけなく素晴らしかった、というようなことがよくあり、さらに選択を難しくしています。
mami様がAプロを選ばれたの、よっくわかります。でも私は優柔不断coldsweats02、中村座だってAもBもCもぜ~んぶ良かったんですものぉhappy02 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/24905126

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本:2008/10:

« 「忠臣蔵」Bプロの感想 | トップページ | デザイナーズ・ウィーク »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ