« おしらせ | トップページ | 準備万端 »

2008/10/09

父と過ごせば

昨日、父に付き添って病院に行きました。
高齢の父は今でもしっかりと自分の足で歩きますが、ものすごくゆっくり。私なら普通に歩いて10分ちょっとの道のりでも、20分くらいかかります。そのうえ疲れて息切れしてしまうので、途中で1回か2回、必ず休憩します。
一緒に歩くとき、いつもは極力ゆっくり歩いたり、ときどき追い抜かしては先でちょっと待っていたりしますが、昨日は「私の体をどう使ったら父と並んで歩けるか」をプチ研究してみましたcatface
いろいろやりましたが、ひざをくっつけてちょこちょこ歩くと、わりと丁度良い感じscissors
でもこれは見た目がヘンですからあまりできませんね(笑)。
ものすごいピンヒールにタイトスカートとか、ぽっくりに着物とか(花魁かい!)だと父とおしゃれに歩けそうかもcoldsweats01。いずれにしてもかなりおしとやかに歩かねばならないので、普段ドタバタ走り回っている私には難行苦行です。
こうしたことは、歩く時に限らず全般にあることで、父と一緒にいると時間の流れの速さが全然ちがいます。

私はマイペースで生活していますが、仕事しながら、家事しながら、こういう父と一緒にいれるのはどれくらいだろう?とよく考えます。(父の余命ということではなく、私の我慢という意味で)
そして同時に、そんなこと考えている自分も情けない、とも思います。父のお世話も十分にできないで何やってるのかな、と。

社会に出ていると、スローペースなひとに合わせづらくなりますが、そういう時間の過ごし方をしているひとも、確かにいる。逆に、一般社会のバタバタした時間の過ごし方って、どうなのだろうと思ったり。どっちにもいつでも、機嫌良く対応できる私になりたいなあ。
父といると、そういう、いろんなことを、ついつい考えるのでした。

« おしらせ | トップページ | 準備万端 »

コメント

>SwingingFjisanさん、ありがとうございます。
本当に。一緒に歩くのも骨が折れますが、食事もゆっくりですものね。想像以上に柔らかいものし食べられないから、これならいいだろうと思ってつくっても、意外にももそもそしちゃって食べづらいものもあったりして。
SwingingFjisanさんも、お父様お大事に。そして、ご自身は、変わらずパワフルでいらしてくださいねー!happy01heart04

私も、父と歩くとペースが合わなくて苦労します。合わせようとして一生懸命ゆっくり歩くと、父もペースを落としてしまうんですよbearing 生活全般ゆったりした父と、家の中を走っているような私とでは、調整が大変です(とくに食事が、ね)。でも、こんな私もいずれ、早く動けなくなる日がくるんでしょうね。
おとうさま、お大事に。

>みゅぅさん、こんばんは。
なんかね、世の中仕事が中心になってて、仕事の時間の流れが中心になってるのって、変なの。って、最近思いはじめてて。仕事時間>生きる時間と勘違いしているのかなって、感じるんですよね。うまくいえないんですけど。
だから、てきぱきしてるのも必要だけど、それが万能じゃない。臨機応変、てことでしょうかね。
あんまりぼんやりしすぎちゃうのもどうだろう、とは思いますけど。その時その時に必要な、時間の過ごし方ってあるんじゃないかなと思うんです。

こんにちわ。
私はせっかちな性格なので、せかせかしてます。
これでも、結婚して専業主婦になってから随分ゆったりになったんですけどね。
でも、バリバリ仕事している女性を見るとちょっと羨ましかったりしますよ。
私は時間の制限がほとんどない暮らしをしていrので、時間を無駄に過ごしてしまうことが多々あります。
きっと仕事をしている方たちは時間を上手に有意義に使っているんだろうなあと思います。
そんな方たちを素敵だなと思います。
でも、自分ができるかはまた別の話なんでしょうが…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/24359110

この記事へのトラックバック一覧です: 父と過ごせば:

« おしらせ | トップページ | 準備万端 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ