« 父と過ごせば | トップページ | またもや忘却の彼方 »

2008/10/11

準備万端

たのんでいた「ほぼ日手帳」が届きました。
留守がちでしたので、やっと今日受け取れたのだnotesえへ。
皮のカバーをふたつも持っている私は、手帳のレフィルだけを購入。
…でも毎年、いろんなオプションを、ついつい注文しちゃうんですよねー。

今年は(すごい高いのに)ルーペを買ってしまいましたcoldsweats01実は私、去年の「ほぼ日手帳」アンケートで、ルーペがほしい、って書いたんですよね。だから希望が叶ったんですけど。でも私のイメージしてたルーペはお安い下敷きみたいなの。ほぼ日で販売されたのは、すごい立派なカード型のルーペ。
どうしようかさんざん迷った挙げ句の注文だったんですが、これが大正解!
コンパクトでよく見えるし、ケースからルーペを全部引き出すと小さいランプが点灯するようになってるし。これで、細かい図面なんかもばっちりさ!ってな具合。お値段なりのことは十分にありました!

それに加えてフォトアルバムもゲット。これは、名のとおり写真が入れられるクリアポケットが10枚くらいついてるものなんだけど、写真だけじゃなくて、切手とかなにかのチケットとか半券とか、レシートとか…のこまかいものの整理に役立つ!と思って。
それに、無料だったので、ほぼ日版「新潮文庫の100冊」bookも注文しちゃいましたー!happy01こゆうの、けっこう楽しい♪

てことで来年の手帳は、準備万端♪これが揃うと来年の準備がしっかりできた気がします!
うれしーいheart

…いや。待ってよ。
まだ3か月近くあるのだし。今年。
今年だってやろうよちゃんと。
早くも気持ちが来年に飛んで、今年をおろそかにいたしませんように。笑。

…さて来年は、ターコイズブルーの革カバーにしようかなーnotes

« 父と過ごせば | トップページ | またもや忘却の彼方 »

コメント

>みゅぅさん、そうなんですよ、手帳を日記がわりにしたり、家計簿がわりにしたり、いろんなふうに使っているんですよね、みなさん。
おいしいものを食べたとか、これをやらなくちゃっていう忘備録とか。
それに、「手書き」っていう行為も楽しいですものね♪
専業主婦だって、手帳はお勧めですよー!みゅぅさんお子育て日記も見てみたいですけど…(^-^)

こんにちわ。
手帳好きだった私です。
専業主婦になってからは全く必要なくなってしまいました。
でも、ちょっと気になったので、ネットで検索してみました。
妊娠日記や育児日記にも使ったりできるんですね。
なるほど…。
子供出来たら欲しいかも…。
いつできるんだ?

>カビリアさん、こん♪♪は。
おぉっ!カビリアさんも「ほぼ日手帳」愛用者でしたか!happy01なんか、工夫がいっぱいあって、楽しいんですよね♪
「カズン」も魅力的ですよねー。カバーデザインもまったく違うし。私は、バッグに入れるものたちとのかねあいもあって、いままで通りの大きさにしましたけど。
まだまだ10月ですからねー、迷う時間はいっぱいあります!ロフトで現物も確認できるし!
でもできれば「ほぼ日」に注文して、おまけのボールペンとか旧暦カレンダーをゲットしたい!…なんて。(今年は、しりあがり寿さんの4コママンガしおりも、ついてましたよー♪)
なにを選んだか、あとで教えてね♪

happy01いいな~mamiさん、もう手に入れられたんですね!
カバー選びに目がいきがちだったのですが、レフィルだけ購入するという選択もあったんですね。目からウロコ。私も皮のカバーにチャレンジしようかな、とちろっと思いました。
それにオプション!リクエストしたルーペが大正解のものでよかったですねgoodこれまた、真似っこしたくなりましたー(笑)
(その前に、私は通常サイズか「カズン」サイズにするか決めなくては!)
お互い今年の手帳を最後までまっとうさせられるといいですねwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/24439572

この記事へのトラックバック一覧です: 準備万端:

« 父と過ごせば | トップページ | またもや忘却の彼方 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ