« 「西の魔女が死んだ」 | トップページ | おしらせ »

2008/10/07

拳さん逝く。

名優・緒形拳さんが亡くなられた。
大好きな俳優さんだったので、とてもショックだった。
ついこの間、元気(そう)にテレビに出ていらしたのでは?ついこの前までドラマの収録をしてらしたのでは?
という急なことであった。
とはいえご家族にはもちろん急なことではなかったらしく。数年前から患ってらして周囲には漏らさず仕事を続けられていたとか。

意志が固くて、真剣で、温かくて、懐が深そうな、そんなお芝居をする方だった。
去年の「風林火山」での軍師役は知性的で、父性も垣間見え素敵だった。格好良かったなあ。
ずっと見ていた「ナニワ金融道」というドラマの、ワルそうな社長役。「必要悪」という言葉そのものに、ダークな部分にも愛があることを滲ませていた。
ずいぶん前の映画「楢山節考」、地べたを這うような演技で衝撃的だった。

いろいろなところで拝見していたが、どれも印象に残る。というか、緒形さんが出てるんだったら見たいなと思わせてくれる役者さんだった。

「風のガーデン」、見てみようかなあ。

合掌。

« 「西の魔女が死んだ」 | トップページ | おしらせ »

コメント

>うかれ坊主さん、こんばんは。
きゃーっ!ほんとだ!スミマセン。字面をみたときになんかスカスカしてるなあって、思ったんですが気付きませんでした。さっそく直しました。
ありがとうございます。

おっしゃるとおり、書も味わいがあって、津川さんが監督された映画の題字を、なさったこともあるんですよね。
ひとり芝居もずっとやってらしたんですよね。私は、観たいと思いながらついに、観ずじまいでしたweep
最後の新作「風のガーデン」で姿を拝見したいと思います。

>みゅぅさん、そう「優駿」もでしたね。いい作品でした。出演作がたくさんあるので、なかなか思い出せないんですよね。
映画では「復讐するは我にあり」も印象が強いです。
笑顔が、素敵な方でしたね。。。weepheart

個人的には結果的に新國劇解散公演になった「王将」の阪田三吉役と、昨年再演されたひとり芝居「白野」が印象に強いですね。本当に惜しい役者を失ってしまいました。この方の「書」も味わいがありましたね。ご冥福をお祈りしたいと思います。
(PS)緒形が緒方になってます~

私もびっくりでした。
私は「優駿」の印象が強いです。
なぜなら、「優駿」は私が初めて映画館で観た映画なのです。
息子の直人さんと共演されてました。
偉大な俳優さんであること、偲ぶ方々のコメントで改めて知りました。
ある映画監督さんは拳さんに「あなたは演技が上手過ぎる」と言ったことがあるみたいです。
私も「風のガーデン」観てみようと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/24355287

この記事へのトラックバック一覧です: 拳さん逝く。:

« 「西の魔女が死んだ」 | トップページ | おしらせ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ