« ワンカップの旅6 | トップページ | 風とおしのいい家 »

2008/10/02

およばれでした

お引き渡しして間もないお客さまのところに、お食事会のおよばれで行ってまいりました。
長年やっていますが、こういうことって、なかなかめずらしいんですよ!
なにかに絡めてというのはありますが、こうしてわざわざのお招き。ただでさえお引っ越しやら何やらで忙しい時期、お招きくださるなんて気持ちの余裕、なかなかないですよね。

すでにリタイアしていて、にもかかわらず海外単身赴任中で大活躍のご主人が、このたびの引き渡しのために一時帰国なさっていたので、その間にと、お忙しいさなか手料理を用意して待っていてくださいました。
ご主人は、もともと研究熱心な方だったのですが、この日も、この家の新築のためにご自分が読んだいろいろな本を教えてくださったり、あそこが成功した、ここはもう少しだったなどとご意見を聞かせてくださいました。そして、この家を建てるために本当にたくさんの人が関わってくれて、出来上がったあとにもこうして遊びにきてくれて、こんな嬉しいことはない、と感動の涙。
そんなふうに思ってくださるなんて、私たちも感謝、感激でした。

「これが最初で最後、にならないように、また遊びにきてくださいね!」とお見送りされ、温かいご家族にまたまた感動。
こういう方って、ご近所づきあいもとってもよくされているので(立て替えでした)工事中も、ご近所のご理解とご協力をいただいてとてもスムーズだったのです。
打ち合わせ中も、エネルギーはあるし、お話は楽しいし、新しい家に対する情熱と希望があるので、とても充実していました。

幸せに暮らすための家をつくりたい、と常々思っていますので、こうして新しく移り住んで、幸せそうなご家族の表情を見せていただいて、私たちもとても幸せでしたheart02
こんな幸せが、どんどん増えていったら、いいなあconfidentshineshine

« ワンカップの旅6 | トップページ | 風とおしのいい家 »

コメント

>みゅぅさん、コメント返しが遅くなってごめんなさい。
オープンマインドで温かくひとを受け入れてくださって、本当に素敵な方達なんですよ。全然気取りもなくて。
コミュニケーションのとりかたって本当に大切なんだなと、お客様からも教えていただきました。
幸せな気分が伝わって、良かったです♪これは、伝染性ですものね(笑)

こんにちわ。
素敵な話で、私も感動してしまいました。
この方のようになりたいなって思いました。
エネルギッシュで、でもちゃんと周りに気を遣えて。
本当に素敵なご夫婦ですね。
私も幸せな気分になりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/24221704

この記事へのトラックバック一覧です: およばれでした:

« ワンカップの旅6 | トップページ | 風とおしのいい家 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ