« 花形歌舞伎昼の部、かんたんに!(^-^) | トップページ | ビバ中村屋。 »

2008/11/20

顔見世夜の部

今日から筋書きに舞台写真が入りました〜!
一月の歌舞伎座のチラシも出ていました〜!

ほんとに、やっっっっっと、出ましたねえ、一月の演目が…。すっかり、首が長ーくなりましたよ。
いやいや、出演者が豪華すぎてきっとまとまらないんだろうなあと思っていましたが、やはりしかりな綺羅綺羅豪華さ。その中で、「俊寛」が異彩を放っております。なぜお正月に…以前みた吉右衛門さんのもお正月だったような…?違ったかしら…。
あぁでも思いきり楽しみです。
が、やっぱりチケット代が。。。初春大歌舞伎はいつもこのお値段でしたっけ?
さよなら公演だからって、以後ずっとこのお値段にしてほしくございませんわ…。

あっ。顔見世でございますよ。
夜の部も充実しておりました。
今日は、歌舞伎座に行く前に時間が少し空いたので、Ken'sさんに寄って、噂のハニー・トーストをいただきました♪皇居のハチミツがぴかぴかに輝いて、パリッと焼かれたトーストにからまって、美味〜でございました(^-^)v バニラアイスも、そして生クリームも美味しいの♪私は生クリームってそんなに得意ではないのですが、これはとっても美味しゅうございました。
でもって、お持ち帰りでパストラミサンドをお願いして、歌舞伎座でのお食事に♪
たいへん充実でございました。

ああっ。
顔見世の感想は、また明日…(笑)
これからちょびっとお仕事でございまする。

« 花形歌舞伎昼の部、かんたんに!(^-^) | トップページ | ビバ中村屋。 »

コメント

>SwinigngFjisan様、そうですよね、お正月に吉右衛門さんの俊寛でしたよね。そして、SwingingFjisan様と語り合った記憶があります。なんとも内容が馴染めなくて…。
またお正月に。ということは、なにか意味があるのでしょうか、歌舞伎的に。なんとも不思議ですよね〜。

「鰯賣」私は観たことがないのですが、SwingingFjisan様が楽しみとお聞きすると俄然楽しみになってまいりました!happy01notes

三五、私もまた観たいのですが、今月は無理みたいですdespair凄惨なお話ですが、役者さんみなさん本当に素晴らしかったですね。そして、美しかったですheart04

こんばんわ。
そうです、そうです、「俊寛」は去年の1月、吉右衛門さんでかかりました。正直、正月に見たい演目ではありません。「鰯賣」が又見られるのが楽しみです~。

きっとmami様の記事と私のところにいただいたコメントが頭にあったのでしょうね、三五を又見てしまいました。はははcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/25519943

この記事へのトラックバック一覧です: 顔見世夜の部:

« 花形歌舞伎昼の部、かんたんに!(^-^) | トップページ | ビバ中村屋。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ