« 亀様@ソロモン流 | トップページ | またまた葉山 »

2008/11/03

今日、実家から柿が届きました。実家の庭には柿の木が数本あって、実がなると収穫がたいへんなのです。熟した実が頭の上に落ちてきたらたいへん…!coldsweats01
今年は当たり年。たくさんなってるのを週末に弟たちがもいで、父が宅急便の送り状を書いて、送ってくれたのです。こんなことはじめて。嬉しいなあshine
で、さっそくいただきましたdelicious

子供の頃から柿の木は今以上にたくさんあったので、毎年秋になると、実をとるのは一大イベントでした。家族総出で休日にもぐのだけど、それはそれは大変で。
最初は楽しいんだけど、そのうちすぐに飽きてしまって、よそに遊びに行きたいのに行かせてくれなくて。夕方までばっちり労働(?)してましたcoldsweats01
でもって、とったあとがまた大変で、実をひとつひとつ布で拭いて(これがピカピカshineになって美味しそうにみえるんですよねー)、母が仕分けたものをご近所やお友達の家に配りまくる。箱につめて親戚に送ったり。
この時点で、すでに柿を見るのがいやになってるのですよ。もいでる間にその場でいくつか食べてるしね。
なのに、たくさんあるからと、おやつは毎日柿になり、夕食にも母の苦心の「柿」メニューが並ぶ。
も〜、柿なんて、ありがたくもなんともないっ!
っていうのが本音でしたね(笑)。

なんだけど、大きくなってから八百屋さんで柿を見たら、値段の高さにびっくり。道理でみんな、持っていってあげると大喜びするわけだ。
それに、毎日毎食でなければとーっても美味しい。
それに気付いてからは、ありがたくいただくようになりましたhappy02

今日家にいらした友人にもさっそくさしあげましたわ♪
なんの手入れもせず、普通に庭にいる柿の木さんたちですが、毎年こうして美味しい実をつけてくださって、ありがとう♪という気持ちですhappy01heart04
今年も美味しかった!

« 亀様@ソロモン流 | トップページ | またまた葉山 »

コメント

>みゅぅさん、ご主人のご実家にあるのですね、柿happy01
一人で食べるのは大変ですね。我家でも、白和えにしたり、天ぷらにしたり、タルトをつくったり、いろいろ工夫してました。そのままが一番美味しいですが、とはいえ毎日では飽きますものね…gawk
サラダも良さそうですね、今度ためしてみます!
柿はビタミンCが多いので風邪予防にいいと聞きますが、食べ過ぎると体が冷えるらしいので、くれぐれも食べ過ぎには注意です。

柿の木、主人の実家にもあります。
やっぱり沢山実った時はいただきます。
でも、主人が好きではないので、1人で食べなければならず、結構苦労します。
サラダに入れると美味しいですよね。
もちろん、1番はそのままいただくことですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/25005468

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 亀様@ソロモン流 | トップページ | またまた葉山 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ