« 平成中村座「法界坊」 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展 »

2008/11/27

心はすでに二月に

来年の二月松竹座(2/1〜2/25)の演目配役が発表になっておりますね。
他ブロガーさんのところでも各所で記事にアップされていますが、こちらでもいちおう…。

お金もないし時間も厳しいし、遠征は我慢しようと思っていたのですが、これを見たらまた行きたい気持ちがむくむくと…up
ああどうしよう…行きたい行きたいいきた〜い!…もうすっかり駄々をこねるコドモでございますねcoldsweats01

昼の部
 一、歌舞伎十八番の内 『毛抜(けぬき)』
      粂寺弾正             獅童
      小野春道             愛之助
      秦秀太郎             勘太郎
      小野春風             亀鶴
      秦民部              男女蔵
      腰元巻絹             亀治郎
  二、『鷺娘(さぎむすめ)』
      鷺の精              七之助
  三、『女殺油地獄(おんなごろしあぶらじごく)』
      河内屋与兵衛           愛之助
      豊島屋七左衛門          獅童
      小栗八弥             勘太郎
      芸者小菊             七之助
      兄太兵衛             亀鶴
      叔父森右衛門           男女蔵
      女房お吉             亀治郎
夜の部
  一、『吹雪峠(ふぶきとうげ)』
      直吉               愛之助
      おえん              七之助
      助蔵               獅童
  二、源平布引滝『実盛物語(さねもりものがたり)』
      斎藤実盛             勘太郎
      小万               亀治郎
      葵御前              亀鶴
      瀬尾十郎             男女蔵
  三、『蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)』
       市川亀治郎六変化相勤め申し候
      傾城薄雲
      童
      薬売り
      番新
      座頭
      蜘蛛の精             亀治郎
      平井保昌             愛之助
      碓井貞光             獅童
      卜部季武             七之助
      坂田金時             亀鶴
      渡辺綱              男女蔵
      源頼光              勘太郎

« 平成中村座「法界坊」 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/25691080

この記事へのトラックバック一覧です: 心はすでに二月に:

« 平成中村座「法界坊」 | トップページ | ボストン美術館浮世絵名品展 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ