« 柿 | トップページ | 嵐になりそ。 »

2008/11/04

またまた葉山

に行きました。
打ち合わせで行っているのですが、場所をわざわざ葉山にしているのは理由があります。
東京だと、「戦っちゃう」から。
仕事って、なんとなく「戦闘モード」ですよね。
「いつまでに、やらなきゃ」「いいものをつくらなきゃ」「うまく、やらなきゃ」という、仕事にとっては当たり前ともいえることたちが、実は戦っていて、とても疲れさせてしまう。
横断歩道でさえ、ある意味戦わないと、時間内に向こうに渡れなかったりして。笑。
なので、あえてちょっと遠いけど「葉山」で。

こちらにくると、柔らかくなります。
なんとなく解放されるので、発想力も自由になりますし、本質を見つめやすくなる。
本日は、海辺のお店で海に沈む夕日を見ながらの打ち合わせでした。夕日をうけて金色に柔らかく光る波を見るだけで落ち着きます。(…って、写真はないのー。スミマセンbearing

たまに、意識的に、自分を「戦わなくてもすむ」環境に置くことって、(原点回帰の意味でも)たいせつなことだなーと思います。

« 柿 | トップページ | 嵐になりそ。 »

コメント

>はなみずきさん、コメントありがとうございます。
湘南の一角にお住まいなんですね〜いいですねえ!
私も、学生時代は鎌倉の学校に通っておりましたので葉山に住む友人も多く「なんとなく」地元感覚ですbleah
地域的にゆったり感がありますよね。それは海も同じこと。癒されます♪
がんばり過ぎず、頑張りますhappy01

葉山、いいですよね~。
…って、別に度々行くわけでも、近所なわけでもないですが、湘南の一角に住まい致す者としては、湘南の誇りのような気持ちです(笑)。
葉山の海は、ハイソ(←死語…?!)な感じがして、穏やかで、いいですよね~。解き放たれたなかでのお仕事、頑張ってください。あ、頑張りすぎず、頑張ってください(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/25042495

この記事へのトラックバック一覧です: またまた葉山:

« 柿 | トップページ | 嵐になりそ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ