« 黒豆リンゴ煮りんごジャム | トップページ | ありがとうございます »

2008/12/30

今月の一本:2008/12

今日の午後から実家で、PCからの更新ができなくなる前に。

【お芝居】
12/ 3 勘太郎・七之助特別公演 @文京シビックホール
12/ 4 「人生のクライマックス」 劇団扉座 @紀伊國屋ホール
12/12 社会人のための文楽教室 @国立劇場小劇場
12/14 宝生月並能 @宝生能楽堂
12/18 能楽現在形 @宝生能楽堂
12/23 世界無形文化遺産能楽 @国立能楽堂

【イベント】
12/ 8 COACH新作展示会

意外に控えめでした。
12/26に国立劇場の「遠山桜天保日記」に、行けなかったのでがっかりでしたが…。
久々にお能を多めに観たし、初文楽だったし、バラエティに富んでいました。そして、文楽は、もっと観てみたい!という気持ちにかられました。義太夫聴きにいきたい。
お能もどれも見応えありました。能楽現在形の「芭蕉」については、私の力不足で受け取れきれず、悔しい思いもいたしました。
そしてこれまた久々の、ストレートプレイの扉座。扉座は、毎回いいんですよ〜。今回も面白くほろ苦く、堪能できました。

一本選ぶなら…うーん。。。選べないけど…。

宝生月並能「黒塚」 シテ 近藤乾之助

でしょうか。私がもともと「黒塚」(または「安達原」)に興味が深いということもあるのですが、歌舞伎などでは前シテ後シテの変化を思いきりつけて、後段の演出もかなりドラマチックにするのに比べ、とてもお能らしく、また(感想でも書きましたが)鬼であることの悲しさ以上に、人間の本質的なものの表現を感じて、感動しました。

さてさて来年は、国立劇場初日から、私のカンゲキライフはスタートします。
歌舞伎座はさよなら公演がいよいよ始まりますので思い出もたくさんつくりたい。
お能も観たいし、文楽は一度大阪の文楽劇場にも行ってみたいなあ。
寄席にも行きたいし…。
などと、今から欲張りですが、そのためにも健康第一、お仕事も生活も充実させねば!
とりあえずは2日のNHKの新春番組のチェックを忘れないようにしたいと思います。

« 黒豆リンゴ煮りんごジャム | トップページ | ありがとうございます »

コメント

>SwingingFjisan様、こちらこそありがとうございました。
年末のコメントなのに、明けてしまってからでごめんなさい。おかげさまで体調も戻り、実家からは今日戻りました。
明日は初観劇の国立劇場です。
SwingingFjisan様のブログをいつも楽しみにしております。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1年間、色々な話題で楽しませてくださって、ありがとうございました。
お仕事が忙しくて大変だったことと存じますが、体調も戻られて元気にご実家で新年をお迎えになられるご様子、よかったよかったと嬉しく存じます。
国立初日のレポ、楽しみにしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26633589

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の一本:2008/12:

« 黒豆リンゴ煮りんごジャム | トップページ | ありがとうございます »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ