« とりあえず | トップページ | 今月の一本:2008/12 »

2008/12/29

黒豆リンゴ煮りんごジャム

毎年お正月を実家で過ごすのだが、実家にいく前に我が家で仕込んでいったほうが手順がいいものを製作中。
それも仕事しながら大掃除しながら買い出ししながら…でなんだか忙しない。
それが師走よーん、っていわれればそれまでなんだけど。

で、今日は仕事、掃除、年賀状、をやりながら、黒豆とりんごの赤ワイン煮とりんごジャムをつくった。
りんごは、この前親戚から実家にたーくさん送ってきて、「こんなに食べられない」と父が、これまたたーくさん、うちに送ってきたもの。
私だって、そんなには食べれない。
だから、とってもいいりんごなので生が一番美味しいとは思いながら、生でいただけるぶんをよけた残りを、煮たというわけ。
でも一種類じゃそれも飽きるので、ワイン煮とジャムにした。これをまた、父にあげ、弟たちにも分け、友人にもおすそわけした。
これがまた手がかかるのだ。それぞれに妥当な量に分けて、持ち歩いても、または宅急便で送っても大丈夫なように容器に入れ、パッキングし、発送し…って、こんなことやってるからさらに忙しくなっちゃうのだ。

でも、毎年恒例になった黒豆もしかり、みんなが喜んでくれるので、つい大量につくってあちこちに…と、自分でそうしているのよね。
忙しいんだけど楽しいんだから、仕方ない。
明日からはまた実家で、大掃除しながらお料理するのだ。何もやることないより、パタパタ働いてたほうが楽しいかな。忙中閑あり。

というわけで、こりにこった肩をほぐしに、1時間ばかり「タイ古式マッサージ」にも行っちゃった。
菊五郎さんのを見れなかったからじゃないのよ!(あ、でも水面下にあったかも…笑)
「タイ式」初めてだったんだけど、とーっても良かった!普通のマッサージよりもストレッチなんかが入っていて気持ち良いのだ。足からじっくりほぐしてもらって、肩もリラックス。
おかげさまで心地よくそのあとの仕事ができるようになった。

お忙しくしている皆様、そんな時間の使い方も、良いかもしれませんよ!

« とりあえず | トップページ | 今月の一本:2008/12 »

コメント

>みゅぅ様、あけましておめでとうございます。
年末のコメントなのに、あけてしまってごめんなさい。
今日戻ってきました。家族のためにたーくさんいろんなもの、つくりました。お料理つくるの、好きなんですよね。食べるのも…bleah
みゅぅさんは、どんなお正月ですか。ゆっくりできるといいですね。そして、今年はまた新たなエネルギーでスタートされますよう。
今年もよろしくお願いいたします。

こんばんわ。
すごい。
黒豆とジャムとワイン煮…。
私は作れない…。
でも、皆さんが喜ぶから…と作っちゃう気持ちはよく分かります。
きっとお父様もお友達も喜んでいらっしゃることと思います。
「タイ式」はプーケットに行った時にやっただけです。
悪い印象はないので、私もやってもらいに行こうかな~。
1年の疲れを取ることも年末の仕事のうちですよね。

今年も1年mamiさんのブログを楽しく読ませていただきました。
また来年も仲良くしてください。
良いお年を…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26625862

この記事へのトラックバック一覧です: 黒豆リンゴ煮りんごジャム:

« とりあえず | トップページ | 今月の一本:2008/12 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ