« クライマックスな日々 | トップページ | 特効薬 »

2008/12/06

懐かしのサバリン

先日浅草に行ったときのこと。
いつもはバタバタとお芝居だけ観て帰るのですが、せっかくなので浅草散歩しましょうと、友人とブラブラ。
奥山を現物したり、お店を覗いたり(かわいい手ぬぐいや亀グッズ発見!wink)。地元の方に教えていただいた隠れ家みたいなお食事処で昼食をとり、それでもまだ開演に時間があったので、公会堂のそばのレトロな喫茶店に入りました。

そこでのメニューが…懐かしいのなんのって。
「ピーチメルバ」「プリンアラモード」とかって、最近のカフェにはありませんよね。ケーキのメニューもいまどき珍しいバタークリームを使ったものとか、フルーツポンチとか。そして私は「サバラン」だと思ってたんですがここでは「サバリン」という名前でメニューに載っている!
ここに来たからには「サバリン」をいただかなきゃ、とさっそくご注文。「サバリン」とは、ブリオッシュみたいな生地のケーキに、めいっぱいのシロップをしみ込ませ、生クリームで飾ったもの。このシロップにはたいてい、ブランデーなどのお酒が含まれているんですよ。

よく見るとこのお店のメニューは三部構成(?)になっていて、「飲み物」「ケーキ」そして「クリーム」というのに分かれている。「クリーム」のメニューは件の「ピーチメルバ」とか「アラモード」「パフェ」なんですけど、何故か「ウィスキーティー」「ブランデーコーヒー」などがこのカテゴリーに入っております。そもそも「ブランデーコーヒー」とは何?もっとわからない「梅ティー」なんてありましたが…頼みませんでしたが…こんど頼んでみようかな……笑。

なんとも不思議なのですが、お店のつくりそのものがレトロなので、ここにいるとそういうもの頼みたくなっちゃうのよ〜。
いまふうのカフェにこういうメニューがあってもあまり魅力的に感じないだろうなあ。ここだから!食べたくなるのです。
サバリンはとっても懐かしいシロップの味がしました。コーヒーの味までレトロな気がしました。お店の人もご年配が多く「女給さん」て感じでした。
こういうレトロな、おしゃれなのか下町っぽいのか微妙な感じ、浅草ならではなんですよね。
このお店は「お気に入り」に追加!このお店でいただくサバリン(他の場所じゃダメなの)も「お気に入り」に追加!なのでした。
浅草、ディープですねえ!happy01shine

« クライマックスな日々 | トップページ | 特効薬 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/25945270

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのサバリン:

« クライマックスな日々 | トップページ | 特効薬 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ