« 文楽デビュー! | トップページ | がっくり »

2008/12/14

ん・まーい!

同僚がお客様からいただいた花畑牧場の「生キャラメル」。
私もお相伴でいただいちゃった〜♪美味しかったなりー♪
舌の上でとろけてしまったよ♪これ、このまんまケーキのトッピングでもいいよ♪
♪ばっかりだdeliciousnotes

で、お仕事のあと遅刻して宝生能楽堂へ。
今日は乾之助さんの「黒塚」だったのです。
とても良かった。
感想は、あらためて。
乾之助さん、素敵。

« 文楽デビュー! | トップページ | がっくり »

コメント

>Carmenさん、生キャラメルは抹茶味もあるのですか!知りませんでしたcoldsweats01
素朴な、昔のキャラメルっぽい包み方なんですよね♪それもまた手作り風で良かったりして。
抹茶くるる、教えていただいてありがとうございます!機会があったらぜひいただいてみたいですwink

能楽現在形にいらっしゃるのですね。私も参ります♪片山さん楽しみですね。

>二郎さん、コメントありがとうございます。
美味しかったですよdelicious私も、待ってまで、並んでまで…というくちなのですが、頂き物に関しては…bleahラッキーでした。
もし北海道に行かれるのでしたら、これは一度経験してみる価値はありますよ!本当に、とろけるようでした♪

鍋も、いいですよねー♪毎日、いろんな鍋が続いても、大歓迎です。暖まるし野菜もたくさんとれるし。
お家でお食事する時間が早くとれると、いいですね。風邪などひかないようお気をつけくださいませねーshine

私も生キャラメル抹茶味を頂きました。
とろけて美味なり~♪
最近もらった「抹茶くるる」もすごく美味しい。
抹茶の味が濃厚です♪
http://www.rakuten.co.jp/morihan/594837/1837342/

宝生は18日の能楽現在形で行きます。
片山清司さん楽しみです♪

こんばんは。
生キャラメル、美味しいのですね。話題になっているものには飛びつかない口なのですが、mamiさんが仰るなら本物なのでしょう。次に北海道へ行ったときにはチェックしてみます。
そして鍋。鍋ものをちょっと前から食べたかったのです。↓の記事で拝見して、加速しました。
家メシを作る時間が欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26192532

この記事へのトラックバック一覧です: ん・まーい!:

« 文楽デビュー! | トップページ | がっくり »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ