« がっくり | トップページ | メジャーデビュー »

2008/12/16

年忘れランチ♪

新卒で入社したときの同期4人でランチしてきました。
礼華というおいしーい中華料理店ですshine
お席の予約をしてたのでコースをいただきましたが、美味しかったー!お昼からお腹いっぱい!でもどれも本当に美味しいから、パンパンなお腹でも残せませんでしたbleah

4人とも今は当時の会社にはいなくて別々の道を歩んでいますが、入社当時、全国から採用された新卒女子46人は(いまでいう総合職というやつ?)3か月間も合宿で研修がありました。
いま思えば、景気も良かったし、新人にそんなふうに時間と経費を割ける体力が、企業にもあったのでしょうね。
でも年頃の、46人もの女子が、朝から夜中まで研修所に缶詰で、なんの娯楽もなく食べ物の楽しみもなく、一緒に生活するのは大変なことでした。
ええ、いろいろありましたよ。気取ってなんかいられないくらい一緒にいましたからね。もーう、いいところも悪いところも、みんな知ってます。だから、彼女たちにイタいところをつかれても、腹たちません(笑)。
今日は4人の集まりでしたが、みんな揃ってもいまだにとても仲が良いのは、そいういうところがあってこそ。同じ釜の飯って、よくいったものだと思います。

そして彼女たちに会うと、みんなそれぞれに、努力して、一生懸命積み重ねて、生きてきていることに敬服します。私もがんばろうと思う。
そのいっぽうで、そろそろ体力が落ちてきたり、具合の悪いところのひとつやふたつくらい出てくるお年頃の悩みを、遠慮なく相談しあえる仲間がいることの安心感。
本当に、ありがたい友を、与えてくださったなあと思います。

こうしてたまに会って、ばか話しながら悩みを打ち明けたり、励ましあったり、学生のようなノリを楽しんだり。
いつまでも、こういう時間が持てるような私でありたいなと…また奮起したり、温かい巣を持っているような安心感のある心持ちになったり。
美味しいランチとともに、本当にすてきな時間を過ごしました。46分の1でいられて、良かったなあ。ありがとうね。

« がっくり | トップページ | メジャーデビュー »

コメント

さんぽみち様、初めまして。コメントありがとうございます!confidentshine
そうなんですよね。初めての環境で不安な気持ち、不馴れな中でも頑張っていこうと思っていたあの時期を、一緒に過ごした濃密な時間でした。
同期っていつまでもいい仲間ですよねhappy01

いまは…少し違うかもしれませんね。合宿研修とか寮なんて時代に合わないかも(笑)でも、後輩たちもやっぱり「同期入社」を大事にしているように思います。

これからもまたお越し下さいませね♪

はじめまして。
ちょっと読みいってしまいました。
研修の後、同期が各地に散っていきましたが、今でも仲がよいのは、研修、そして初めて配属され、同じ寮に入った人たちです。やっぱり何かが違うんですよね。
期待だったり、不安だったりがたくさんあったあの頃、少し懐かしく思ったりして。
でも、最近の子は、ちょっと違うような・・・・「最近の・・・」私も年を取ったようです。weep

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26234958

この記事へのトラックバック一覧です: 年忘れランチ♪:

« がっくり | トップページ | メジャーデビュー »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ