« 今月の一本:2008/12 | トップページ | あけました »

2008/12/31

ありがとうございます

今年ももう終わりを迎えます。
朝がきて、夜がくる。そしてまた、新しい朝を迎える。
毎日はこの繰り返しなので、今年の終わりがありがたいのなら、毎日毎朝がいつもありがたいのですが、
こうして季節のさまざまな節目を機に、あらためてそんな思いを馳せるのも良いことかもしれません。

あたりまえのことに私たちは慣れてしまっていますが、こうして毎日朝を迎えられることのありがたさ。
明日がこないなどと決して思わない、絶対の信頼がある宇宙の仕組み。
こんなひとつひとつに、感謝したいと思います。

そして、今年一年、ネットのうえでお世話になった皆様がた。
ほんとうに、ありがとうございました。
こんなひっそりブログに足をお運びいただき、足跡を残してくださり、そしてネットの世界から飛び出ておつきあいをさせていただいたり…。
思わぬ展開に、今までも、そしてこれからも、わくわくしております。

年末年始はネット環境にないので、個々にご挨拶に伺えませんが、この場をお借りしてお礼申し上げます。
年があけたらご挨拶に、伺わせていただきたいと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

« 今月の一本:2008/12 | トップページ | あけました »

コメント

>edaats様、こちらこそ一年間ありがとうございました。好奇心旺盛で行動力抜群のedaats様には、いつも刺激をいただいております。
年末にコメントいただいておりましたのに、明けてしまってごめんなさい。年末年始は実家に行っておりまして…今日戻りました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2009年もよろしくお願いいたします。
いろいろな芸能のお話楽しみにしております。
m(__)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26638622

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございます:

« 今月の一本:2008/12 | トップページ | あけました »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ