« 太陽が生まれ変わる日 | トップページ | 無形文化遺産能楽 »

2008/12/22

コテツくん♪

今日は友人Yちゃんとそのお子さん(幼稚園生Sくん)と、久しぶりに一緒に食事をすることになっていたのですが、午後の天気が急変!真っ暗になって、強風が吹いて、冷たい雨が…とてもこんなお天気の中、小さな子供を連れて外に出れないということで、急きょ取り止めに。
Yちゃんがメールでいうことには、「Sはせっかくmamiちゃんに会えると思って楽しみにしてたのに、会えなくなっておお騒ぎです」
あらあら可愛いじゃないの〜heart04(親ばかでもおばばかでもない…何ばか?)と電話をしてみました。

まっさきに電話に出たSくん。「今日は会えなくて残念だったね」「うん」「また○○(今日会う予定だった場所)で会おうね」といったところ「だめだよ、それじゃ。もっと遠くで会うんだ!」おやおや?
「もっと遠くって、どこ?」
「高尾!」
wobbly?どこから高尾が出てきたんだ。「ええっ、高尾?それは遠いね!」というと「高尾は○○駅から××線で△△に行って、☆☆で乗り換えてそのあと**で★★線に乗って、高尾山口からロープウエイに乗ると、着くよ!」
…そう彼は、テツオくんなのであった。テツオくんにもいろいろあるらしいけど、Sくんは全国の路線図を覚えるのが楽しくてしかたない。そして、それに乗るのが嬉しくてしかたない。なので会話の中に、とんでもない地域の駅名とか、車両の名前なんかがバンバン出てくるのですよ。この前も、なにを言ってるのかなーと思ったら、四国のどこかの鉄道の駅名でした。駅名や路線名に限り、かなり難しい漢字も読めてしまうのですcoldsweats01
…コドモの記憶力はスゴイ。

そのあと母・Yちゃんに変わってもらって話をしたところ、いま「高尾」がブームらしい。「一緒に行ってもいいけど、暖かくなってからにしてねー」と言っておきました(いまは寒いもん〜)
ちなみに、今日会えなくなったからと私に手紙を書いてくれてたらしいので、送ってもらうことにしました。なに書いたんだろう。楽しみ〜。
電車の乗り方をこまごまと書いた計画書だったりして(笑)

ご両親もユニークなんですが、その親にしてこの子あり。Sくんホント面白い子です。楽しみにしてたい予定がなくなっちゃったけど、彼のおかげでまたまた楽しませてもらいましたnotesいまのところ、一番ちっちゃなボーイフレンドですかねえ(笑)

« 太陽が生まれ変わる日 | トップページ | 無形文化遺産能楽 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26416396

この記事へのトラックバック一覧です: コテツくん♪:

« 太陽が生まれ変わる日 | トップページ | 無形文化遺産能楽 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ