« おだやかに。 | トップページ | 黒豆リンゴ煮りんごジャム »

2008/12/28

とりあえず

仕事おさめでした。
一応、外に出て、人と向き合ってする仕事が、今日でおしまい。
これから年末、そして年明早々に提出するプランにかかるのです。
…というか、これは実は私の都合。
ここ3日ほど体調が悪くて、パソコンに向かえませんでした。なんだろ。電磁波当たり?coldsweats01
とにかく、パソコンを開いたり電話に出たりすると、頭痛とむかつき。ありゃりゃ。
で、向わなくともずーっと頭痛だったので、パソコン仕事がまったくできませんでした。
てか、電話もろくにできないのも困った困った。
そんなわけで、仕事、延ばしちゃったんです〜shock

しかも!さらなるショックは、
国立劇場の千穐楽に、行けませんでしたー!crying
楽しみにしてたのに〜。「タイ敷き」見たかったのに〜。
今年の観劇おさめは、菊五郎さんheart04て思ってたのに〜。
…まあ、仕方ない。

そんなわけで、今年の、私のカンゲキおさめは、先日の乾之助さんの「国栖」となりました。
あっ。これもまたとても良い感じでしたわ。

なんだか、年末にきていきなり大わらわになっちゃいましたが、体調も復帰しましたので、あと3日をつつがなくやりきりましょう。そしてよい新年を迎えようじゃありませんかdash

皆様も、風邪も流行っているようですし、いちだんと寒くなってまいりましたし、どうぞお気をつけて、良い年越しをなさってくださいまし。
おぉ。今年のおさめのような内容になってしまいましたが、明日も明後日もまだまだ続きますので、どうぞよろしゅうに。

« おだやかに。 | トップページ | 黒豆リンゴ煮りんごジャム »

コメント

>non様、コメントありがとうございます。
まあ、non様も体調くずされてたのですか!年末は疲れが溜まったり、その上に飲んだり食べたり…の機会も多いですものね。どうぞお気をつけて、ゆっくりして治してくださいね。
私もnon様の感想を楽しみにしておりますhappy01良いお年をお迎え下さいませね。

>SwingingFjisan様。ありがとうございます。
おかげさまで体調は戻りつつありますgood
菊五郎劇団を見れなかったのは本当に残念でしたが、無理をしてもいけませんよね。仰る通り、体が資本ですもの。
来年もまた、元気に生活できるようにしたいと思います。
今年もいろいろとありがとうございました。良いお年をお迎え下さいませ。

こんばんは。お久しぶりです。
お体大丈夫ですか?年末は体調を崩しやすいのでどうぞご自愛くださいね。
といいつつ私もちょっと寝込んでましたcoldsweats01。あ、私の場合は暴飲暴食が原因ですが。
今年もあとわずか。来年もmamiさんのレポ楽しみにしてます。
よいお年を~

お疲れ様でした。
体調を崩されてお芝居をひとつフイにされたのは大変残念でしたが、何をするにも体が資本。来年もまたお仕事に観劇にお酒にwinkフル回転なされるよう、どうぞ、しっかりとお体を回復させてくださいませ。お大事に。

>eriko様、コメントありがとうございます。おかげさまで体調はぼちぼち戻りつつあります。パソコンに向かっても大丈夫になりましたcoldsweats01
eriko様も風邪ぎみですか?気をつけてくださいね、こじらせないよう…。せっかくのお休みですもの、元気に過ごしたいですよね。
私も残りの仕事とお掃除、お正月のおせちづくりにいそしんでおります。
あっ。年賀状…coldsweats02
良いお年をお迎えくださいね。

こんばんは
体調大丈夫ですか?お仕事忙しそうですけど、そういう時はどうにもなりませんよね。
私は今日からお休みですが、超めずらしく ちょっと風邪気味です。
マスクして家の掃除をしました^^
今年もあと3日ですね!早いなぁ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26586107

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず:

« おだやかに。 | トップページ | 黒豆リンゴ煮りんごジャム »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ