« 歌舞伎座夜の部 | トップページ | スウィート・スウィート・スウィート »

2009/01/08

初Ken'sさん♪

昨日は「初・歌舞伎座」にひきつづき「初・Ken'sさん」でしたhappy01
今月の歌舞伎座夜の部は、はねるのがいつもより早い。なので、帰りに寄るのにはちょうどよい時間なのですnotes
なので昨日の私、歌舞伎座でのお夕飯は控えて、35分のお食事休憩のときはひたすら売店を物色し、歌舞伎座のお正月探しに専念。昨日の歌舞伎座は本当に混んでいて、いつもなら食事休憩のときは少なくとも前半は売店ガラガラなのに、予想外に人が出ていました。
そんなに楽しみにしていたKen'sさんですもの、最後の演目のときは、途中から“Ken'sさんに行ったらなにをいただこうかしら〜”などと心はすでにKen's Cafeへcoldsweats01
いえいえ、鰯売はとっても面白かったんですよ〜!

そしてそして、待望の…温かいえ顔に迎えられ
200901072048000
パストラミサンドとカプチーノheart04

今日はお正月バージョンということで
200901072048001
きゃわゆいーheart04
写真ではわかりにくいんですが、金粉がちりばめられているのですよ〜shine
スノーマンが可愛らしくて勿体なくて飲めない〜…といいながらも足下のほうからいただきましたけど。そしたら最後まで、スノーマンが残ってくれちゃって、これまた可愛いのなんのnotes
今年も変わらず、静かで落ち着いて寛げて、素敵な空間なのでした。
こんな素敵な空間と時間と、美味しいコーヒーとフードを提供してくださって、マスターに感謝heart
今年も足しげく通わせていただきたい場所です。
教えてくださった、そちらのあなたさま…!にも感謝でございますconfident

あぁ…今日もおいしゅうございました。。。


« 歌舞伎座夜の部 | トップページ | スウィート・スウィート・スウィート »

コメント

>はなみずき様、コメントありがとうございます!
思わず女子高生のように「きゃわゆい〜♪」と言いたくなりますよねheart04(あれ?イマドキの女子高生はそんなコトバ使わない…?)
Ken'sさん、実は今年はじめて、って意味だったんです。なのでデビューではなくてsweat01…まぎらわしい表現ですみませんでしたcoldsweats01
パストラミサンドのお味は絶妙ですよね!パンも美味しくてお気に入りですheart04鰯売のときにもこのお味が脳内を駆け巡っておりましたわbleah
はなみずき様も、早く行けるといいですね!きっとマスターもお待ちですよhappy01

>aki様、コメントありがとうございます。
本当に、いつ行っても幸せな気持ちになりますよね、Ken'sさん♪
私も今月もう一度くらい行きたい!
そのときはハニートーストかしら〜happy01heart04
aki様は週末ですね!癒されていらしてくださいね〜heart04

うわ~ぁ、本当に「きゃわゆいー」♪♪♪

Ken’sさんデビュー、おめでとうございます! スノーマンちゃんの微笑みが…お写真からでも「癒し」が伝わってまいります~。パストラミサンドになさったのですね。あの香ばしさと絶妙なドレッシングの味がたまりませんよね~。私も、Ken’sさんに行く前は、劇中も若干気持ちが上の空になることがあります(笑)。

…といいつつ、新年明けてからまだお伺いできておりません。早く…早く行きたいです。

ごちそうさまです。お写真だけで、いただいたような気分になりました!

いつ行っても幸せな空間ですよね♪私もこの連休中にまた行こうと思います☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26942658

この記事へのトラックバック一覧です: 初Ken'sさん♪:

« 歌舞伎座夜の部 | トップページ | スウィート・スウィート・スウィート »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ