« Go to DNP | トップページ | はやくちことば? »

2009/01/23

雑感

うわあ!
中村屋さんに取材したテレビ番組を、今日やっていたのだった。すっかり忘れて…というか、仕事を終えて帰ってきて、なにげにテレビをつけたらやっていたのだ。もう半分以上を過ぎていた。
しまった!と思ったけど、もうどうしようもない。途中から見る。
ちょうど、平成中村座の「忠臣蔵」のエピソードのところだった。
ベテランの座組、若い座組、それぞれの葛藤。一番若い鶴松くんの奮闘。まだ高校生の息子・新吾くんをみつめる、彌十郎さんの心配そうな表情。熱意をもって想像以上に動き回る仁左衛門さん。
舞台の顔しか知らないから、そんな顔はじめてみた!という表情ばかり。

舞台の裏でのそういう奮闘ぶりをみつつ、気持ちは10月の平成中村座に飛んでいた。
「忠臣蔵」良かったなあ。
なによりもあの小屋で、というのが良かった。
仁左衛門さんが素敵だった。
勘太郎くんが格好よかった。
勘三郎さんは変わらずエキサイティングだった。
私はA・Bプロしか見れなかったけど、革新的な試みのC・Dプロも見ておけばよかった。
あの場所でのあの座組のあの公演の、企画そのものが、良かった。

そんなことで、yukiさんのところでやっているアンケート「2008年、今年いちばんよかった演目」にまだ私は投票できていなくて、いつまでもどこまでも迷っていたのだけれど、またまた迷いの種が増えちゃった。
歌舞伎は不思議なもので、そのときの感動はもちろんのこと、あとで、ふとした時に、ポンと感動がよみがえってくることがある。あるいはひょんな時に、あらためて「あっ!こういうことだったのか」と得心して、急に理解することもある。
なんだかそうやって、反芻していけて、そんな後にまた違う座組で同じ演目を見たりできる。
それって、すごい魅力だなあと。
歌舞伎だけでなくて、古典芸能全般にそうだと思うけど。

中村屋さんの番組を見ながら、そんないろいろなことが頭をよぎり、よぎっては消えていき、感慨深い時間を与えてくれたのだった。

« Go to DNP | トップページ | はやくちことば? »

コメント

>かりん様、はじめまして!コメントありがとうございます!happy01

中村屋さん、本当に大きな家族のようで、切磋琢磨しあい、温かく助けあい、自分の役割を一生懸命つとめていますよね。素敵だなあと思うと同時に、舞台を見る目がまた変わってきますよね。ますますファンになります♪
鶴松くんも、かわいいですよねー。子役ちゃんだと思ってましたが、いつの間にやら立派な役者さんですね。

今日はかりん様も浅草だったのですね!私も、通しでしたhappy01
本日最後の浅草の亀治郎さん、堪能してまいりました。もう、亀様が出てくるだけでニコニコしちゃいましたわheart04
カーテンコール、反則技ですよね!笑。

どうぞまた、拙ブログにいらしてくださいませね。

はじめましてnote
楽しくブログ拝見させていただきます。(コメント遅くなりましてすみませんconfident)
中村屋の番組、わたくしもあらためてみなさんの芸に対する姿勢に感心しきりです。「仮名手本」の稽古の様子が出ていましたが、それぞれの役者さんが同じ役の役者の稽古に、真剣な表情で見つめてて。切磋琢磨して頑張っていらっしゃるのが素敵ですねconfident
鶴松クン、かわいらしいなぁcatface まだ中学生です。あどけないけど、これからどんどん成長していくのでしょうね。

中村屋といえば、波乃久里子さん、今日の浅草2部のほうに観にいらしてて。わたしの前のほうにいらしたのですが、勘太郎さんの「一本刀」のとき、勘太郎さんをジイッと見つめてらっしゃったのが印象的でした。見守ってらっしゃるんですね。

それでは明日浅草千秋楽、しっかり通しで観てきますね!大好きな亀さま、胸に焼き付けてきますhappy02 きゃあ〜dash どうしましょうheart04

>みゆみゆ様、コメントありがとうございます!
中村屋さんファミリー、良かったですね♪
ああして皆で乗り越えて、私たちに見せてくださったんだと思うとまたあらためて感動しますね。

お妹さん、ぜひぜひ歌舞伎の世界に〜happy01heart04
中村屋さんのは、中村座でなくても、入りやすいかもしれませんね。コクーンなんかも、いいのではないでしょうかhappy01

私は帰宅したらこれを家族が見ていて・・・いろいろやることがあったので途中まではチラ見しながら。でも後半はじっくり見ることができましたが、とてもよかったです!!

妹も中村座で歌舞伎を見たい!って言ってましたので、中村座だけじゃなくて一緒に歌舞伎座行ってみようかな~と思ったり。
(巡業は一緒に行ったことあるんで興味はなくはないみたいです・・・)

>kirigirisu様、コメントありがとうございます!
そうなんですよね、随分たって、ひょんなことから急に穴が埋まったり深まったりする。別々だったものが繋がったり。
ジグゾーパズル、ぴったりななとえですね。
私はまだピースがバラバラな気がいたします。ひとつひとつ、丹念につなぎあわせていくのもまた一興ですよね。
仰るとおり、歌舞伎に限らずいろいろなものが、ぞうですねhappy01
ほんとうに、やめられませぬheart04

歌舞伎に限らず感動した舞台って、○十年たっても、印象に残った場面が、ふと鮮明に甦ってくることがありますよね。

歌舞伎って巨大なジグゾーパズルみたいに思えるときがあります。ボコボコと隙間がたくさんあってなんだか分からないけれど、ピースをつなげていくと、あるとき突然一つの絵が浮かんでくるときがあって、ものすごく嬉しくなっちゃいます。でも、よぉ~くみると、それってほんの一部だったりするんですが(^^; でもまた、少しずつピースをつなげていくうちに新しい絵がでてきそうでやめられませぬ(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27410059

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:

« Go to DNP | トップページ | はやくちことば? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ