« 浅草がたり | トップページ | 今月の一本:2009/1 »

2009/01/31

チョコレート戦争

一月がそろそろ明けると思ったら、早くも街にはバレンタイン商戦がやってきていましたよ。
仕事先でもバレンタインコーナーというのを、大々的にやっていたので、ちょっと覗いてみましたら…

スゴイのねー!wobbly

有名パティシエたちが、趣をこらしてつくりあげた、高級チョコレートの数々!
試食させていただけるお店もあったりして、少しいただいてみましたが、これが美味しい〜!
プラリネのとろけるようなものとか、カシスなどのちょっと酸味のあるもの、ナッツ系のもの、それに日本酒や焼酎を練り込んだもの、などなど。。。
工夫はとどまるところを知らず。
もちろん、チョコレートのデザインも、パッケージのデザインも、とても洗練されている。

でもでもね、チョコレート8粒で、4000円とか…。それもとってもお上品な大きさで。1万円くらいするのだって、普通にありましたよ。
どういう方に差し上げるってんでしょー!coldsweats02
本命チョコだとしたって、そんなに飛ぶように売れるんだろうか…。
その売り場にあったのは、とても義理チョコには使えないお値段でしたcoldsweats01

最近では、お味はもちろん、パッケージやチョコのデザインにひかれて、「自分用」に買っていく女性も多いとか。
うーん、私もぜひ自分が食べてみたい。
しかも、バレンタインっていう口実で、自分用に高いチョコを買うイキオイも、つけられそうだもんbleah

« 浅草がたり | トップページ | 今月の一本:2009/1 »

コメント

>みゅぅ様、コメントありがとうございます。
不況だ不況だといわれているのに、あの高級チョコレートには、びっくりしましたcoldsweats01
私は家族のほかに、お世話になっている方に差し上げたりしますが、そんなに高いチョコはあげたことがありませんcoldsweats02
チョコレートケーキを自分でつくったりしてるので、私も経費いらず?ですbleah
…でもねえ、試食したのは本当に美味しかったlovelyこの味がわかる相手でないとなかなか…catface

こんにちわ。
バレンタインムード、2月に入って益々高まってきましたね。
私は、主人とお互いの父親にしかあげないのでそんなにお金かかりませんが、1箱1万円のものを買ったらかかることになりますね。
いや、買わないですよ。
私は自分が生チョコが好きなので、生チョコを贈ることが多いです。
主人には手作りを渡すつもりです。
と言っても、自分も食べるんですけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27621070

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート戦争:

« 浅草がたり | トップページ | 今月の一本:2009/1 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ