« 浅草千穐楽カーテンコールレポ | トップページ | 歌舞伎座建替えに関する記事 »

2009/01/28

浅草千穐楽・お年玉ご挨拶

1月27日 新春浅草歌舞伎 一部 @浅草公会堂

さてさて引き続き…本編の感想といきたいところですが、ミーハーかつ記憶力の薄い私としては、こちらを早く書かねば忘れてしまう〜!ということで、お年玉ご挨拶のご報告です。

一部・亀治郎さん
亀ファンの私ですが、今年の浅草での亀治郎さんのご挨拶は今回が初めて。いろいろな方から様子はお聞きしていたものの、やはり生で見れるのは嬉しいことですheart04ことにこの日はお席が二列目のほぼセンターで、ご挨拶に登場した亀治郎さんのほぼ真ん前!きゃあきゃあワキワキしちゃいましたhappy02sweat01目が何度も合ったよ〜!(気のせいでしょ)
このあとすぐに「一條大蔵譚」の出演を控えている亀治郎さん、白塗りに裃姿での登場です。
「この世界的な大恐慌のなか、東京では四座で歌舞伎が興行されており、そのどれもが盛況でございます」とまずは感謝の言葉。
「いつもの浅草メンバーのうち、今年は獅童さんが演舞場に行くというまさかの裏切り、愛之助さんは大阪に帰ってしまいました。(会場大爆笑)でもかわりにフレッシュな松也さんが入ってくれて、一部二部の四演目、すべてに出演しています!自分も昔はそんなこともありましたが、今はもう無理。後輩に譲ります」
と、まずはいつもどおり(?)のご挨拶。
でもそのあとが千穐楽バージョン?
「今日の千穐楽が終わりますと、明日は朝九時から二月松竹座の稽古、その後松竹座に入りましてまた稽古、1日からは松竹座本番と、休みがありません!」と。そうですよね、このスケジュールでは休んでほっと息をつく暇もないはず…。超人だと思われてるのかも、と亀治郎さん一瞬嘆くも、すぐに「しかし!我々の合い言葉は、『Yes,We Can!』いつもいつも『Yes,We Can!』でございます!」
亀治郎さんがあまりに力強く『Yes, We, Can!』と言葉を区切っていうものですから、会場の私たちも単語ごとに大きく大きくうなづいてしまいました(笑)
「来月は松竹座にまいりますが、皆様ならきっとお越しになれる!『Yes, We, Can!』」(またまた会場大爆笑拍手喝采、思わず皆「Yes!」とうなづいてしまいましたよsmile
こうして大きくかけ声をかけ、会場を元気にさせ「隅から隅まで〜」の口上で終了。
演目の解説とか、ほとんどしなかったような…(笑)でも相変わらず亀治郎さんのお話は滑らかでお上手!普通のことでも、間の取り方がうまいというか…いつも笑わせてくださるんですよねー。
素顔をちょっと拝みたかった気もいたしますが、白塗り裃姿も素敵。。
とっても楽しい亀治郎さんのお年玉ご挨拶でした。

二部・松也くん
まずは、「今年初めて入った自分が、お年玉ご挨拶の大トリでございます。おかげさまで千穐楽までこのような盛況ぶり、皆様のおかげです」といつもどおりのご挨拶。
そのあと、すぐに立ち上がり、ピョンと客席に飛びおりて(かわいい〜)さっそく客席にインタビュー。「6人の浅草衆が交代で毎日のお年玉ご挨拶をつとめましたが、6人全部聞かれたという方!」と会場に聞くと、何人かの方が手を挙げました(すごい!ちなみに、6人全部聞いたということを申告すると、特製ポスターがもらえたそうです。いいなあ!)
その中のお一人にインタビュー。「その6人の中で、誰の挨拶が良かったですか?」これは当然そう答えるでしょ、の「松也さんです」に素直に笑顔満面で喜んでる松也くんが、またまた可愛い〜happy01
すると突然黒衣姿の賊が、お客さまに襲いかかる!えぇーっとびっくりのお客さまを、松也くん咄嗟にかばい、かっこよく賊をやっつけて「大丈夫でしたか?」とヒーロー気分。びっくりしたけど、お客さまはヒロイン気分よね。羨ましい〜happy01
賊は、松也くんとはともに「スターウォーズ」好きの亀鶴さん。道理で、刀が…(なんでしたっけ?スターウォーズで使ってたサーベルですよ)笑。
もーなんなんでしょうね、と笑いながら舞台に戻る松也くん、その瞬間幕をめくりあげて誰かが覗いた!男女蔵さんだったのかなあ?一瞬で、私は見逃してしまいました。
そして締めのご挨拶口上で幕の後ろに入りましたが、最後に幕をかぶせるときに、また会場から笑いが…私は全然わからなかったのですが、またなにかメンバーがいたずら(?)してたのかしら?
今回最年少の松也くん、すっかり浅草メンバーに可愛がられているようで、ご挨拶も最初の時より格段にお上手になり、微笑ましいかぎりでした。

« 浅草千穐楽カーテンコールレポ | トップページ | 歌舞伎座建替えに関する記事 »

コメント

>non様、non様もいつでも何度でもお越しくださいませ〜confidentheart04
そうか、最後は松也くんの「お手振り」で湧いたんですね♪
教えていただいてありがとうございます!
松也くんのも亀ちゃんのも、ご挨拶、楽しかったですね!happy01

>かりん様、どうぞどうぞ何度でもいらしてくださいませ♪
目が合った…というのは、いわゆる「気のせい」だと思いますがcoldsweats01ほぼ正面でご挨拶を聞けたのは幸運でしたheart04
亀治郎さん、格好良かったですよね!千穐楽に相応しい立派なご挨拶でしたね!happy01

mamiさま
私も続けて失礼しますcoldsweats01
お年玉コメント、素晴らしい記憶力!
読みながら「あー、そうだった」と一人ニヤニヤしちゃいました。
あ、夜の部の松也くん、幕がかぶる直前に顔をあげて手を振ったみたいです。

mami様
またまた失礼しますconfident
亀ちゃんの口上、間近で聞かれたそうでhappy02うらやましいですよ〜!目がお合いになってますますうらやましいですhappy01
お話上手な亀ちゃんでしたが、内容も楽日にふさわしく立派できりりとされていて、男前でしたよねheart01
う〜ん、カッコイイですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27535899

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草千穐楽・お年玉ご挨拶:

« 浅草千穐楽カーテンコールレポ | トップページ | 歌舞伎座建替えに関する記事 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ