« ギフト | トップページ | 3歩すすんで2歩さがる »

2009/01/12

二月松竹座

行こうかやめようか、さんざん迷っていた二月の大阪松竹座。
思いきって行くことにしました。
考えてみれば、いくらフリーとはいえ去年は夏休みも秋休みもお預けだったし…なんて、年末年始のお休みが終わったばかりですけどcoldsweats01

で、やっぱりせっかく行くのでできれば一泊しようと算段しております。
本当は、文楽劇場を絡められると良かったんですけど、二月は大阪ではやってないのですよdespair
そのかわり、東京の文楽公演で「女殺油地獄」を観たあと、大阪松竹座で歌舞伎の「女殺…」を観るという、またとない楽しみな組み合わせができちゃった♪
文楽のほうはまだ二回目の超初心者でよくわかりませんが、歌舞伎のほうではラブリンと亀ちゃんの修羅場が楽しみsmile 亀ちゃんは「蜘蛛絲…」三演ですしねえ…やっぱりこれは観なきゃと。

初の大阪遠征。
いまからワクワクしておりますheart04

« ギフト | トップページ | 3歩すすんで2歩さがる »

コメント

>aki様、コメントありがとうございます。
aki様はもう何度も行かれているんですね。いい劇場、美味しいお食事、大阪城のお散歩…aki様のお話伺ったらますます楽しみになってきましたnotes
aki様は今回は残念ですが、お体の復調が第一ですものね。また復活してバリバリ遠征してください!
レポ…がんばりまっす!coldsweats01

うらやましいぃ~。とにかくこの一言につきます。私も、ものすごぉく2月の松竹座に行きたいです。迷って悩んで諦めましたが、やっぱり行きたいです。松竹座は今までに4~5回、行っていますが、とっても好きな場所です。私はだいたい週末+有給を使って、2泊することが多いです。いつも同じ宿(大阪城の近くなので、城内をお散歩したりします)で、食べに行くところもだいたい同じですが飽きません。で、大好きな京都へも電車で1時間ほどなので、行きか帰りに立ち寄るのがいつものパターンです。大坂では食事にもそんなにお金はかかりませんが、京都は、あれこれ買ってしまうので、あっという間に資金は減り荷物は増え・・・。

きっと初の大坂遠征は楽しいものになりますよ~。気が早いですが、レポお待ちしておりま~す。

non様、コメントありがとうございます!
non様も遠征されるのですよねhappy01
去年の博多座に続き、私は二度目の遠征です。遠征って、地元で観るときと違って、ずうっと歌舞伎のことを考えてポゥっとできるからシアワセですよねheart04(東京にいると、すぐ仕事しなきゃいけなかったり食事の支度しなきゃいけなかったりするんですもんcoldsweats01
あちらでの食べ物も、楽しみです♪
non様も、めいっぱい楽しまれますよう♪

あ、ごめんなさいっ文楽は東京でご覧になるんですねcoldsweats01
大変失礼しました。

mamiさまも大阪遠征されるのですね!
演目も面白そうだし、浅草メンバー1月は2人抜けていましたもの。
しかも文楽もご覧になるなんて、楽しみすぎますね。
私も1泊2日で予定を立てています。
大阪は美味しいものがたくさんあるのでそちらも楽しみです(しかも安い!)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27077500

この記事へのトラックバック一覧です: 二月松竹座:

« ギフト | トップページ | 3歩すすんで2歩さがる »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ