« あけました | トップページ | カンゲキ始め »

2009/01/02

例によって箱根駅伝

2日は毎年、箱根駅伝の日なのです。このブログを始めてから3回目のお正月ですが、毎年2日3日は駅伝のことを書いてる…coldsweats01もーこれはやめられません。好きなんだもん。
私は特に応援している大学があるわけでもなく、陸上というスポーツが好きなのでもなく、ただ単に「箱根駅伝」が好きという…いってみれば「にわかファン」なのですが、年季だけは入ってます!

…ということで、今日も実家で、バタバタと食事の支度やら洗濯やらしながらも、ずーっと見てました。
とりあえす、「山登りの神様」順大の今井君がうちたてた5区の区間記録を、一年生選手があっさりと塗り替えたのにはびっくり!彼は神様以上なんだろうか。すごーい。
あとは、3区・早稲田の竹澤君がすごかったですねー。北京にも行って国際舞台も経験して大きくなったって感じ。
東海大のエース・佐藤悠基君との対決に期待してたんだけど、東海大の順位が襷を受けた時点で18位と悪くて、二人が並んで走るシーンは見られなかった。残念。佐藤君は4年連続の区間新こそ逃したけど、15人抜きで一時は東海大を3位にまで押し上げた。やっぱり、力のある選手なんだなー。(私は彼のクールな走りが好きなのよーん)でもそのあと東海大はまだ順位を落としちゃって…佐藤君報われないなあーなんてつい思っちゃいましたよbearing

今日はお天気が良くて、箱根の山の景色がすばらしいこと!富士山の綺麗なこと!芦ノ湖の美しいこと!
選手たちの走りはもちろん、そんな絶景もテレビで楽しませていただいて、なんだかすごーくお正月に相応しい感じでしたshine
明日は復路。みんなrunshine、がんばれ。襷をつないで。リタイアしないで。無事に全員、大手町に帰ってきておくれー!

« あけました | トップページ | カンゲキ始め »

コメント

>二郎様、あけましておめでとうございます。こちらこそご挨拶が遅くなってしまって…coldsweats02
駅伝は今年もドラマでした。長い距離をただ走るだけでドラマになってしまうんですよね、人って。
柏原君にはびっくり!でした。淡々としていて、走り終わっても浮かれたところが全然なかったですよね。大物かも…。
二郎さんも長距離を制覇されたようで、ドラマがたくさんあったのではないでしょうかhappy01
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年も色々なドラマがありましたね。柏原選手のすごさは驚きでした。精神力も強そうで、これから4年間やってくれそうな気がして楽しみです。

今年も宜しくお願い致します。

>みゅぅ様、こちらこそ今年もよろしくお願いいたしますheart04
ただ走るだけなのに、なぜあんなにドラマがあるのでしょうね。
箱根駅伝の魅力は、山あり谷ありで、みんなで協力して補いあって…と、人生の縮図みたいで。だから人気が高いのかもしれませんね。

東洋大のメンバーも、ただスタートに立てるということが本当に有り難くて、感謝の思いとともに走ったと言っていて、それにも感動しました。だからこそ胴上げなしも、コースに向かって一礼して退場したのも、その気持ちの表れだったんでしょうね。
「やりきったら強くなれる」ことを毎年教えていただいている気がします。

今年もお互いに、無理せず、やりきりましょうね。よろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

私、今年は全く観れませんでした。
そして、今朝「スッキリ」で振り返ってくれていたのでそれをじっくり見させていただきました。
毎年、いろんなドラマがありますよね~。
総合優勝した東洋大は初優勝ですものね。
不祥事があり出場も危うくて…、優勝しても胴上げなしで…。
去年の覇者、駒大はシード落ち。
すごい世界ですね。
年々ファンになりますね。

>はなみずき様、コメントありがとうございます!
箱根駅伝、幼少の頃から住んでいた馴染みのある地域で行われているためか、つい熱中してしまいます。はなみずき様も地元なのですよね?

私も今年は3日に国立の観劇でしたので、復路はニュースで見ました。今年もいろいろドラマがあったようですね。

今年も、歌舞伎ゴトも含め、どうぞよろしくお願いいたしますconfident

本当に、箱根駅伝は、こちらも力が入りますよね。襷をつないで欲しい…!、という思いもありますし。今年は2、3日とお出掛けなので、夜にダイジェスト頼りです(苦笑)。

本当に、お天気もよく、テレビに映りこんだ景色も綺麗でした。

本年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26744930

この記事へのトラックバック一覧です: 例によって箱根駅伝:

« あけました | トップページ | カンゲキ始め »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ