« 例によって箱根駅伝 | トップページ | 国立劇場・初春 »

2009/01/03

カンゲキ始め

1月3日 初春歌舞伎公演 @国立劇場

200901031300000

今年の観劇始めは国立からとなりました。実は私、鏡開きの日にいくのは初めてです。なので、ドキドキワクワクしながら。團十郎さんの復帰初日をぜひとも拝見したかったのです。
まずはミーハー顛末記からheart04

国立劇場に着くと、もう劇場外に人がほとんどいない!wobbly鏡開きは10時20分からの予定ですが、10時頃に着いた私、もうとうに開場してしまっていたのです。ちょっとのんびりすぎたかな、と後悔しましたが、それでも中に入るまで少々時間がかかる混雑ぶり。
祝酒のおふるまいの升には、俳優さんのサインが書かれているものが少しだけあり、前の方に並んだ方はこれをゲットできる!と聞いていましたが、この時間の入場ではそんなことは毛頭望めません。なので、おふるまいの列に並ぶよりは、鏡開きの様子をよく見ようと、ロビー二階の正面の位置を確保。上からの視線ですが、ここなら前に人もいなくてよく見えますhappy01
予定時間をちょっと過ぎた頃、俳優さんたちが登壇されました。左から、橋之助さん、三津五郎さん、芝翫さん、日本芸術文化振興会理事長の津田さんをはさんで、團十郎さん、福助さん。
ひとことづつご挨拶。トップバッターの芝翫さん、なによりもかくも賑やかに初日を迎えられたことが有難いと。芝翫さん、先日の「藤娘」ですっかりファンになった私、その落ち着きと気品に惚れ惚れ。
続く團十郎さんはこの公演が半年もの療養期間を経ての復帰となります。おかげさまで帰ってこれたことがなによりも嬉しいとおっしゃられていました。とてもお元気そうで、そんな團十郎さんのお姿、まさに「待ってました!」という感じです。ご本人もとても嬉しそうでしたshine
皆さんのご挨拶のあと、復帰を祝って、團十郎さんに花束が贈られました。そのときにも、これは(この場にいる)皆様からいただいたものと思って、楽屋に大切に飾ります、と。もう本当に、團十郎さんの復帰をどんなに願っていたか。そんな私達には嬉しすぎるお言葉です。

200901031033001そしてお待ちかねの鏡開き。実際に樽を叩く前に、プレス撮影とのことで、皆さん右を向いたり左を向いたり忙しい。私たちも、それに合わせて写真を撮ることができたのでちょうどよかったかなcamera

鏡開きはあっという間でしたが、そのあとにお振る舞いがあり、私も急いで二階から下に降りて列に並び、升酒をいただきましたhappy01
ロビーには、サイン入りの升を嬉しそうに持っている方が何人もいらして、さすがに羨ましかった〜!何時頃から並ばれたのでしょう。。努力に敬服いたします。
でも私のサインのない升も、とてもいい香りがして、嬉しい心持ちでした。

振る舞い酒に長い列ができているその間にも、階段のところで太神楽が行われ、傘の上でいろいろなものを回す芸、口にくわえた台の上にいろいろなものを載せてバランスをとる芸など数々の曲芸…惜しみなく楽しませてくださいました。
お昼の30分休憩のときには獅子舞をしてくださいましたし…。なんといっても本格的な獅子舞・お囃子ですからねー♪
すっかり楽しませていただいて、なんだか本当に、お正月気分を満喫!notes観劇以外でもこんなに楽しませていただけるなんて、まさに「カンゲキ」でありました。

今日はほかの劇場でも鏡開きなどのイベントがあったようですが、それぞれに雰囲気が違うのでしょうね。これに味をしめて、また来年も「鏡開き」に行ってみたい!とさらなる欲が出てしまった私なのでした。
お芝居の感想はまた別に。

200901031300001 200901031300002

« 例によって箱根駅伝 | トップページ | 国立劇場・初春 »

コメント

>non様、コメントありがとうございます!
本当に、一月の歌舞伎ファンは大忙し…初日も四座全部重なって、どこに行こうか迷いました。
歌舞伎のお正月はどこも、お正月気分を満喫できていいですよね♪
「象引」は歌舞伎らしくて楽しめる演目でしたhappy01heart04non様ももしご覧になられるようでしたら、楽しんでいらしてくださいね。

mami様は初日国立劇場にいらっしゃたのですか。国立劇場の鏡開きもお正月らしく豪華ですね。
今月は都内で4座開催されていて、歌舞伎ファンには嬉しいやら大忙しやら。
各座賑わっているようですし、新年からおめでたいことです。
團十郎さんもお元気そうで何よりです。象引きとっても面白そう。
観劇レポもお待ちしてますね

>はなみずき様、コメントありがとうございます!はなみずき様は手打ち式、歌舞伎座初日と、銀座から始められたのですね。
歌舞伎座もきっと華やかで寿いでいたことでしょうね。
象さんは、下座の足音の豪快さに比べ可愛い象さん…鼻と耳の動くのが可愛くて。最後の引っ込みでは團十郎さんと一緒に六方を踏んで退場し、愛嬌たっぷりでした。
初めての国立でのお正月、とても楽しく満喫いたしました。

>aki様、コメントありがとうございます。書き込まれたお時間にびっくり…早起きなのでしょうかそれとも夜更かし…?happy01
aki様は歌舞伎座で初日、そしてKen'sさんと、Happyな幕開けでしたね。

團十郎さんは舞台に出てこられるだけでパァッと華やかに明るくなるのですよね。本当にお正月らしい嬉しい、国立の初日でした。
来週楽しみですね。「象引き」は見るだけで楽しい演目でしたので、團十郎さんを堪能なさってくださいねhappy01

今年もよろしくお願いいたします。

おはようございます!
国立でのカンゲキ始め、おめでとうございます。国立のお正月は最高ですよね~! 津田理事長になられてから、本当に素敵な劇場になりました。「国立のお正月が楽しみ」という国立ファンの方が増えてすごく嬉しいです。

象さんが、パォ~んと…! 可愛かったですね。カンゲキレポも引き続き楽しみにしております♪

おはようございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

昨日の国立の様子はテレビ中継の録画を夜、拝見いたしました。私も團十郎さんだぁぁ〜〜い好きですから、「おかえり!まってました!」の気分です。ここ数年は国立初日の鏡開きの日に私もカンゲキ初日を迎えることが続いていました。特別な雰囲気で良いですよね。今年は歌舞伎座で初日を迎えましたが。。。来週のカンゲキが楽しみです♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26777042

この記事へのトラックバック一覧です: カンゲキ始め:

« 例によって箱根駅伝 | トップページ | 国立劇場・初春 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ