« 3歩すすんで2歩さがる | トップページ | 浅草歌舞伎一部の感想カンタンに… »

2009/01/14

新春浅草歌舞伎・一部

1月14日 浅草歌舞伎一部 @浅草公会堂
一部初観劇。というのは千穐楽に一部二部を通しで観るから。
「一條大蔵譚」も「土蜘」も見応えありました!

で、今日はほとんど歌舞伎を観ない友人と一緒に参りました。「あなたの好きな亀ちゃんを一度見てみたいわ」との仰せでしたので(笑)。で、数日前の「Qさま!」を偶然見ていた彼女、その時のめちゃくちゃ頭の切れる印象の亀治郎さんが、「バカ殿」をやっていたのが面白くて仕方なかったらしい。「バカぶりが上手い〜!」と大喜びでした。なんのこっちゃcoldsweats01
「バカ殿」と「作り阿呆」では印象が全然違う。。。両方の演目とも、楽しんでもらえたようなので良かったですが。笑。

今日のお年玉ご挨拶は、勘太郎さん。
ご本人いわく「くちべた」な勘太郎さん、演技と同じくきっちり楷書のご挨拶。
なんですが、「くちべた」なので自分が説明するよりも筋書きを買ってください、とか、イヤホンガイドで自分達が質問に答えてます、とか。さらにはこれから再度浅草歌舞伎に来られる方、ひいては来月の松竹座にも行かれる方、と客席に質問し、「これからも何度も足をお運び下さいね」と、なにげに宣伝上手。
「土蜘」については、「ずっとやりたかった演目。たいへん難しいので毎日ドキドキしながら一生懸命勤めさせていただいています」と勘太郎さんらしい誠実なお言葉。
途中で立ち上がったり歩き回ったり、軟らかめな話をしたりというメンバーの多いなか、やっぱり楷書な勘太郎さんでした。

演目についての感想はまた明日。

200901141312001
浅草公会堂二階(客席二階のことね。実際は何階にあたるんでしたっけ?)からみた今日の浅草寺。見事にダウンライトが映りこんでおります(笑)
お芝居がはねたあと、お詣りに行きました。
いいお天気〜!

« 3歩すすんで2歩さがる | トップページ | 浅草歌舞伎一部の感想カンタンに… »

コメント

>non様、コメントありがとうございます。
そうなんです、亀治郎さんのことを気に入ってくれたみたいで?coldsweats01なんだか私がホッとしたりして。ファン心理ですねーbleah友人は単純に、阿呆と聡明のスイッチの切り替えが上手いのが楽しかったようです。

七之助さんのご挨拶には当たっていないのですが、勘太郎さんと同じようなことお話されていたんですね。なんだか微笑ましいご兄弟ですよね♪
それぞれの方のご挨拶が楽しみで、本当は全部聞きたいんですけど、なかなかそうはいきませんよねcoldsweats01

「mamiさまの好きな亀ちゃん」(私も好きheart04)をご覧になったご友人の方、満足していただけたようでよかったですhappy01
勘太郎くんの挨拶、性格が伝わってくるようです。私も聞いてみたかったな~。
そういえば七之助さんもお年玉挨拶で浅草歌舞伎や松竹座のことを宣伝してました。流石兄弟!

>Carmen様、本当だ!UFOが団体でご観劇?!きっと素晴らしい舞台に満足してお帰りになったのでは…なんちゃって。笑。

私も、撮ったあとで気付いたのですが、どうしても映り込んじゃってcoldsweats01これはこれで面白いので、そのままにしちゃいましたbleah

またいらしてくださいねー♪

浅草歌舞伎にUFOも襲来?!
写真、思わず拡大して見てしまいました。
関係ないことで受けててスミマセン(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27137986

この記事へのトラックバック一覧です: 新春浅草歌舞伎・一部:

« 3歩すすんで2歩さがる | トップページ | 浅草歌舞伎一部の感想カンタンに… »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ