« 浅草歌舞伎一部の感想カンタンに… | トップページ | ちょっと間が…(>_<) »

2009/01/16

防寒グッズ

寒い。寒いのだ。
昨日よりは少しはましとはいえやっぱり、夕方には家路を急ぎたくなるくらい、寒いwobbly

そんな中、今日は朝から現場打ち合わせが入っていた。
建築中の現場って、極寒なのよ。そして夏は超〜暑いの。なんでだか。
大工さんや職人さんには心底、感心・感謝しております。
で、軟弱な私は、完全防備で出かけました。いつもよりインナーを暖かいものにして、靴下・手袋・帽子はもちろんのこと使い捨てカイロも忘れない。ことに、足が冷えるので足の裏用のカイロは手放せないのだ。
そのうえ引き渡し前の現場には、当然気をつかって汚さないようにするために、外用スリッパ、室内用スリッパ、室内チェック用の薄手の手袋、とこれだけでも大荷物。
こうでもしないと、長時間の現場での打ち合わせには耐えられないのだ。

そして先ほど家に戻ったが、これまた寒い。
実は冬場もほとんど閉めたことのない、厚手のカーテンを今シーズン初めて閉めました。(我家は外からはあまり見えない位置関係なので、普段あまりカーテンをびっちり閉めたりしていないのだ)
暖房も、日頃節約モードであまり使わないんだけど、ここ数日ほとんどフル回転。
布団も一枚追加した。そして、寝るときは温かくてフワフワの五本指靴下をご愛用。これがあると足が冷たくて寝られないということが、ないの。
でも実は、さらに湯たんぽがほしい〜heart04最近可愛いの売ってますよね。

なんか、毎日寒い寒いといって生活しているような気がする。あれこれ、寒さを解消してくれるものがあってありがたや〜confident
若芽のほころび、待ち遠しいよう。

« 浅草歌舞伎一部の感想カンタンに… | トップページ | ちょっと間が…(>_<) »

コメント

>みゅぅ様、コメント返しが遅くなってしまって、すみません!ちょっとバタバタしてなかなかネット、見れませんでした…m(_ _)m

今年初めてお湯…ということは去年までお水だったんですか?スゴイ!私にはありえません!軟弱な私、学生の頃からお湯で洗ってましたcoldsweats01
腹巻&レッグウォーマー、私も寝る時にご愛用です♪
これに、記事に書いた5本指のフワフワ靴下で、完璧!笑。
毎晩、よく眠れています。
お互い、暖かく過ごしましょうね!happy01

>SwingingFjisan様、お返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m
ちょいバタバタしておりましてなかなかブログを見れず…ごめんなさい。

寒さをしのぐグッズ、いろいろありますね。NASAが開発したといわれると、つい手が伸びそう!
私は今のところ、靴下、レッグウォーマー、手袋、腹巻など昔っからのアイテム愛用者ですが、ご紹介いただいたheat seat探してみようかしら。薄くて暖かいって魅力ですよねhappy01
ありがとうございます!

こんにちわ。
分かります~。
年々寒さが身にしみますよね~。
私も今年初めて朝顔洗う時にお湯を使うようになりました。
そして、寝るときは腹巻&レッグウォーマーをして寝ています。
おかげで(?)体調を崩したりせずに済んでます。
お互い、寒さに負けずに頑張りましょうね。

おお、拝読しているだけで底冷えが伝わってきそうですsign03 大変でしたね。私も足元が冷えるタチなので、よくわかります。
昨年、ラジオの宣伝に乗せられて、NASAが開発したとかいうheat seatを買いました。自分の体温を逃がさないようにして保温するんですって。上手に使えばとても暖かいですよ(布団の中に掛けてくるまるとか)。うす~い素材なので私はサッカー観戦にも使ったりしていますが、残念ながら現場には持っていかれそうもありません(そんなものご紹介してごめんなさい)。
今日は暖かい1日でしたが、明日は又寒いのだとか。風邪などひかれませんように、ね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27204637

この記事へのトラックバック一覧です: 防寒グッズ:

« 浅草歌舞伎一部の感想カンタンに… | トップページ | ちょっと間が…(>_<) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ