« 浅草はいまだ混雑! | トップページ | 歌舞伎座夜の部 »

2009/01/06

浅草歌舞伎二部ちょこっと

感想。1月5日 浅草歌舞伎 第二部 @浅草公会堂

一本刀土俵入
最初は勘太郎くんも亀治郎さんもものすごく若く見えて、若すぎて無理があるんじゃないかと思いました。吉右衛門さんと芝雀さんのイメージで、私の中にはすっかり定着していたので余計でした。
勘太郎くんなんて天才バ○○ンに見えちゃったし(ごめんなさい〜coldsweats01
でも数分経ったらすぐ見慣れました。やはりお二人とも格別に上手いのですよ。
亀治郎さんのお蔦は、なんか疲れてて、疲れた中にも情愛があって、ちょっとした仕草にもしどけなさがあって、ある種の女の人のもつ独特な味わいが出ていました。これがもっと、匂い立ってくると良いなあ。
勘太郎くんは、後半の道を変えての成長ぶりと、それでも変わらない真摯な性質を、素直に表現していて、ことに最後のお蔦を見送る台詞が秀逸。これだけでラスト、急激にぐっときましたweep素晴らしい台詞でした。前半と後半の変ぼうぶりにめりはりがあるものの、それがもう少し滑らかになったらもっと良いのでは。でもそれを差し引いても、勘太郎くんの演技は見応えありました。
名実共に、主役の二人が引っ張っている舞台で、そのおかげか全体ののバランスも良く、後味のよい舞台でした。
これが千穐楽までの間でどのように、さらに成長していくのか、楽しみです。

京鹿子娘道成寺
七之助くん綺麗〜shineでした。後見に小三郎さんがついていましたが、この方の後見、私大好きです。その存在感(を消しているところ?)も、動きのタイミングも、空気感も、良いのですよねー。踊りの流れをより美しく、次の動きに向かって静かに強く押し出している感じ。見とれてしまいましたhappy01
道成寺、いろいろな方のものを何度も見ていますが、中村屋さんの表現はわかりやすいのですよね。あと、衣装が違う?最後の2点、他の型ではああいうの着てたかしら(←曖昧な記憶gawk
所化の亀ちゃん、踊りの綺麗さはやっぱり折り紙付き。手の動きが美しいheart04舞台脇で花子の踊りを見ている時、ガン見でしたよ(笑)昨夏『亀治郎の会』でご自分も踊ったばかりなだけに、少しでも勉強しようということなのでしょうか。所化じゃなくて亀治郎の目で見てましたcoldsweats01
亀ちゃんの坊主姿なんて見たことないので(貴重です!)私もガン見!可愛らしかったですよ〜happy01

…以上、ミーハー的感想でした。第二部は千穐楽にももう一回観る予定。楽しみです。

« 浅草はいまだ混雑! | トップページ | 歌舞伎座夜の部 »

コメント

>non様、コメントありがとうございます!
そうそう、non様がバ○○ンておっしゃってたんですよね!着物の着方なんでしょうか…。あとところどころクレヨン○○ちゃんにもしゃべり方が似て聞こえて…bleah吉右衛門さんのときはそんなこと微塵も思わなかったんですがcoldsweats01
でも最後のあの台詞は、渾身の台詞と思いました。勘太郎くん本当に上手いですよねえ。
亀ちゃんは、ホントーにガン見でした!思わず笑ってしまいました。
non様も千穐楽ご覧になられるのですね。どんなふうに成長しているか、楽しみですねhappy01heart04

浅草レポ楽しく拝見しましたhappy01
一本刀の第一部、やっぱり勘太郎くんのバ〇〇ンを思い出しますよね(苦笑)
いや、勘太郎くんとっても巧いんですけど、なんでだろう、あの衣装のせいかなぁ。
最後の勘太郎くんの場面とってもいいですよね。
道成寺所化の亀ちゃんガン見、私もつい気になってガン見ちゃいましたeye
千穐楽私も参ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/26875735

この記事へのトラックバック一覧です: 浅草歌舞伎二部ちょこっと:

« 浅草はいまだ混雑! | トップページ | 歌舞伎座夜の部 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ