« 今月の一本:2009/1 | トップページ | ナニソレ »

2009/02/02

2008年、一番好きだった演目は…?結果発表!

いつもお世話になっているyuki様の「ご機嫌!歌舞伎ライフ」で、毎年恒例の「2008年、あなたが一番好きだった演目」のアンケート結果が発表されました!
詳しくはコチラ

それによりますと、今回は↓

東京篇

第1位 
通し狂言「仮名手本忠臣蔵」
10月 平成中村座
仁左衛門、勘三郎、橋之助、孝太郎、勘太郎、七之助
彌十郎、 亀蔵、新悟

第2位
通し狂言「青砥稿花紅彩画」
5月歌舞伎座
菊五郎、三津五郎、時蔵、左團次、團十郎、團蔵、田之助、東蔵、海老蔵、梅枝、松江、男女蔵、市蔵、梅玉、富十郎

同第2位
「勧進帳」
4月 歌舞伎座
仁左衛門、勘三郎、玉三郎

全国篇

第1位
「夏祭浪花鑑」
4月金丸座
海老蔵、松也、市蔵、右之助、男女蔵

第2位
通し狂言「伽羅先代萩」
7月 松竹座
藤十郎、菊之助、愛之助、秀太郎、孝太郎、魁春、
仁左衛門、松緑、菊五郎、左團次、團蔵

ということで、いずれも3位以下は大混戦で、決められなかったということです。
東京現では、「通し狂言」が1位、2位をしめ、通しでの上演の評価が高いことが伺われます。
かくいう私も、通し上演、大歓迎!見取りでいいところを見るのももちろん楽しいですが、通しで見せていただくと、新しい発見・体験がたくさんありますのでね。
今年の歌舞伎座は、さよなら公演ということで、満漢全席のようになりそうですが、腰を落ち着けて、通し上演の機会もp、増やしていただけたら嬉しいものです。

yuki様には、アンケート締め切り日の翌日には、結果を発表くださいまして、ほんとうに大変だったことと思います。
あらためて、この場でもお礼申し上げます。
ありがとうございました。

« 今月の一本:2009/1 | トップページ | ナニソレ »

コメント

>yuki様、こちらまでお越し頂き、コメント残してくださって、ありがとうございます!
「3位不在」については、私、早とちりしてしまいましたね。すみません。本当におっちょこちょいで…coldsweats02
yuki様のこの企画、毎年楽しみにしております。自分の「一番」を考えるのも楽しいですが、他の方たちの「一番」は何だったんだろう…と、発表がいつも楽しみです。
yuki様のレビューもとっても楽しみにしているんですよ!
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます♪

いろいろとご協力いただきまして、本当にありがとうございました。
3位がないのは、東京篇では2位が二つになったので、その次は4位になってしまうため、全国篇では合計して5点以上に達したものがなかったからで、あいまいな書き方をしまして申し訳ありませんでした。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/106794/27701685

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年、一番好きだった演目は…?結果発表!:

« 今月の一本:2009/1 | トップページ | ナニソレ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り☆BOOKS

  • 小川洋子: 「ブラフマンの埋葬」
    ブラフマンという不思議な生き物に関わった私の、ゆるやかな変化の物語。
  • 吉本ばなな: 「デッドエンドの思い出」
    シアワセとフシアワセの境目ってなんだろうかと、そのボーダーラインの不確かさはむしろシアワセな贈り物なんじゃないかと思わせてくれた作品。
  • 駒形克己: 「空が青いと海も青い」
    ぜんぶ広げると1枚の紙になってしまう、不思議な絵本。広げたり畳んだりしてみるとまた、構成が変化しておもしろい。書いてあることは、一言なんだけどけっこう科学的。
  • イワサキユキオ: 「Say Hello! あのこによろしく」
    どのページを開いても、満面の笑顔になっちゃう。笑顔なのに、ウルウルしちゃう。子犬たちの成長が、愛情たっぷりの写真で綴られています。
  • 川上弘美: 「椰子・椰子」
    ありえなさそうなんだけど、ありえちゃうような不思議な日々を淡々と過ごす「私」のへんてこりんなお話。山口マオさんのイラストも可愛い。
  • 西岡常一・小川三夫・塩野米松: 「木のいのち 木のこころ 天・地・人」
    寺社建築に携わる二人の宮大工の棟梁のお話。宮大工という未知の世界の話はとても興味深く、また「真」をみるということは万事共通なんだと感じ入りました。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ